« 11月の朱鷺 | トップページ | 機関車トーマス(爆!) »

2016年12月 5日 (月)

朝の喧騒

会議出張に併せ、休暇を取って二か月ぶりに新潟のマイフィールドに行って来た。
木曜の大荒れの天候も土曜には回復し、若干の雨は残ったが穏やかな鳥日和。

Seoto2016120302_2
7時過ぎに近場のマイフィールドへ。

Seoto2016120307
約3,400羽のコハクチョウと約2,000羽のオオヒシクイが羽を休める湖面。
8時前頃からオオヒシクイとコハクチョウの離水が始まった。

Seoto2016120301
まずはオオヒシクイの群れがグループごとに飛び立ち餌場に向かう。

Seoto2016120303
オオヒシクイは助走無く飛び立つのであっという間の飛び立ちだけど、コハクチョウはドタバタと湖面を走って Take off。

Seoto2016120306
離水後、旋回して高度を稼いだのちに餌場に向かう。

Seoto2016120309
5~9羽ほどのグループごとに飛び立っていく。

Seoto2016120308
時には1羽だけで飛んでいく奴もいるけど、出遅れ?迷子?孤独を愛する奴?・・・・ まぁ、そんなことどうでもいいか。(^-^;

Seoto2016120305
小1時間ほどの間で大半の鳥が喧騒を残し飛び立って行った。

Seoto2016120311
静かになった湖面には雌のミコアイサがちょこちょこと。

今年は未だ雪の無い平野部。
コハクチョウたちも餌取りには苦労しなだろうから、雪は積もるまでは多くのコハクチョウがここに留まるんだろうね。

県内で死んだコハクチョウからも鳥インフルの陽性反応が出たとか・・・。
ここのコハクチョウ達は元気に飛び立って行ったけど、これ以上、鳥インフルが蔓延しないことを切に願いたい。

Seoto2016120401
日曜日、青空が広がり波もすっかり穏やかになった海の上から、美しく冠雪した飯豊連峰を望みながら島に戻った。

|

« 11月の朱鷺 | トップページ | 機関車トーマス(爆!) »

Ⅰ冬鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
今年は見られないかと思っていたコハクチョウや干潟の鳥たち 
美しい飛翔を見られて 冬だなぁって・・・
慣れ親しんだフィールドでの鳥見 いかがでしたか?
久しぶりのそうすけ君は ちゃんと覚えていてくれましたか?

こちらのマイフィールド 今年はアトリが多いようです。

投稿: zucca | 2016年12月 5日 (月) 22時33分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
マイフィールドはやっぱりはいいですね~。
ハクチョウは風上に向かって飛び立つので、その日の風向きによって見る場所が違ってくるのですが、この日も風向の予報で選んだ場所がバッチリあたりました。(v^ー゜)!!
zuccaさんもそうでしょうけど、通いなれたポイントって、季節によってだいたい予想できるから無駄足が少なくて助かりますよね。

は相変わらずのマイペース。(^-^;
しょせん猫ですからね・・・。(汗)

アトリですか? アトリもthe冬鳥って感じでいいですよね。また大集団で来てるのかな?
この冬は島で過ごす初めての冬。せっかくですから本土じゃなかなか見られない変わり者がいないか、ちょっと探してみたいと思っています。
変わり者の名前は・・・  出会えた時のお楽しみに~。

投稿: せおと | 2016年12月 6日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の喧騒:

« 11月の朱鷺 | トップページ | 機関車トーマス(爆!) »