« ほのぼのと・・・ | トップページ | 早くも冬鳥やって来た »

2016年10月17日 (月)

大佐渡山地トレッキング

佐渡に来た時から毎日見上げていた大佐渡山地。
いつかは稜線を歩いてみたいと思ってはいたが、縦走となると車の回送を考えなければならず、春先のみバスの運行がるものの、それ以外はバスの運行がないことから単独では難しい。
ましてやピストンとなると体力的に自信がない・・・
そんな時、チャーターバスによる島民登山会があると聞き、さっそく申し込んでようやく念願の縦走を果たせた。

Seoto2016101013
参加人数40人の大所帯での縦走となったが、10人で1班を組み、程よいペースで仲良く山歩き。(^-^;
大人数は苦手なほうなので、あえて班のしんがりを写真を撮りながらのんびりと、秋晴れの清々しい晴天のもと、14㎞、7時間の行程となった。

午前8時30分前、標高900m弱の白雲台でバスを降り、ここから自衛隊の管理道路を金北山1,172mの山頂を目指す。

Seoto2016101601
金北山山頂には、以前自衛隊のレーダードームが設置されていたため、そこまでは車も通れる道が続いていて登山らしさは微塵も無いが、歩くには楽チン楽チン。

Seoto2016101606
途中、目指すドンデン山が見えてくる。

Seoto2016101608
1時間20分ほどで難なく山頂に到着。

Seoto2016101610_2
ここは佐渡島の最高峰。
今はお隣の妙見山に移った自衛隊レーダーサイトの廃墟があり、廃墟に隣接して金北山神社のお社がある。

Seoto2016101612
神社にこの先の安全を願い、15分ほどの小休憩ののち、本格的な縦走路に入る。

Seoto2016101613
樹林帯の中を快調に下り、途中あやめ池、鏡池を経て続く樹林帯なかを進む。

Seoto2016101615
やがて、樹林帯もおわり稜線が見えてきた。

Seoto2016101619
稜線に出るとパッと視界が開けた。

Seoto2016101620
目指すドンデン山は真正面に見えるが、ここからの道は左の稜線を辿り大きく回り込むことになる。

Seoto2016101625
稜線歩きはいいものだ。
視界はパッと開けているし、右は両津湾、左は外海府の海とパノラマも素晴らしい。

Seoto2016101628
1000m足らずの稜線だけど、谷の北西側は木の無いザレた岩場で南東側は木々が生える。
これは冬場の気候の厳しい証で、それゆえ1000mほどの大佐渡山地でも2,000m級の山に見られる植物があるのだと言う。

Seoto2016101630
途中、1回の休憩を挟み、12時過ぎには真砂の峰に到着。
ここでお昼とする。

Seoto2016101629
おにぎり頬張りながら、遠くになった金北山山頂と歩いてきた稜線を眺める。
お腹がいっぱいになったところで身支度整え再出発。

Seoto2016101633
ザレてはいるが危険な場所の無い稜線を歩き、いくつかのピークを上がり降り。

Seoto2016101634
やがて、今回のルートで最終のピークとなるマトネが見えてくる。

Seoto2016101635
マトネにつき、振り返ると金北山ははるか遠くに見える。

Seoto2016101636
マトネからは樹林帯の中を下り、やがて車道に出た。

Seoto2016101638
あとはほんの少し車道を歩いて登れば、目的地のドンデン山荘だ。

Seoto2016101637
到着直前、歩いてきた稜線を振り返る。
不摂生が祟ってマトネからの下りでちょっぴり膝が危なくなったけど(汗)、何とか最後まで無事に歩き終えたことに感謝し、午後3時30分前、満足いっぱいでゴールしたのでした。

【トレッキングデータ】
 時間午前8時25分~午後3時30分
 距離14.2km
 所用時間7時間5分
 高低差419m
 累積上り1,096m
 累積下り1,050m

|

« ほのぼのと・・・ | トップページ | 早くも冬鳥やって来た »

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅱ山登り」カテゴリの記事

コメント

すご~い、約15キロ 頑張りましたね~。
途中には池あり、樹林帯あり、変化のあるコースのようですね。
お天気も良くて 尾根からの素晴らしい眺めを 楽しませて頂きました。(._.)アリガト

高低差 418mなんですね。
数字だけ見ると( ´艸`)プププ 楽勝~
なんて思いますが、距離もあるし 
きょうは 筋肉痛かな?

投稿: zucca | 2016年10月18日 (火) 21時53分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
高低差400mと言っても侮ることなかれ。
累積すれば登り降りとも1,000m越えましたし、距離のある縦走はアップダウンの連続でけっこう足に来ますよ~。
でも、変化に富んだ自然と美しい風景が疲れなんか十分に癒してくれますね。

筋肉痛は昨日午前中がピークで、階段上り下りもちょっときつかったけど今日はもう全快でしたよ。
二日目に全快って、自分はけっこう若いかも な~んてね(*´v゚*)ゞ

投稿: せおと | 2016年10月18日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大佐渡山地トレッキング:

« ほのぼのと・・・ | トップページ | 早くも冬鳥やって来た »