« 天然杉を巡る   | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2016年7月24日 (日)

超お気楽ハイキング

毎日眺めている大佐渡山地。
梅雨も明け、雲もとれたので暑くなる前にドンデン高原歩いてこようと、早朝出かけてきた。

Seoto2016072415_4
「ドンデン山」という名の山は無い。
標高約900mほどの高原一帯を指してドンデン高原という。

午前5時に宿舎を出て、車で30分ほどの峠付近にあるドンデン山荘に到着。
気温18度の爽やかな空気の下、簡単な身支度整え、一周約2.5時間の周遊道を時計回りに歩きだす。

この辺で一番高い尻立山を迂回し、超のんびり歩いて約40分ほどでなだらかな稜線付近にあるドンデン池に到着。

Seoto2016072403_2
昔は盛んに牛の放牧が行われていたらしく、なだらかな草原が広がる風景はのどか。
左に見えるのは無人の避難小屋であるが、中を覗くと立派な設備があった。

Seoto2016072402_2
道端には薄紫色のイブキジャコウソウと黄色のキリンソウが美しい。

Seoto2016072408_2
白い華やかな花はミヤマシシウド  かな?

Seoto2016072404_3
穏やか稜線に出れば、眼下に両津湾が広がる。

Seoto2016072405_3

ドンデン池を後にし、超お気楽コース最大の難関!、尻立山にあがるタダラ峰をちょちょちょいと登って尻立山頂上に到着。

Seoto2016072413_3
遮るものの無い360度パノラマの向こうには佐渡島最高峰の金北山が見える。
Seoto2016072411_2
振り返ると、さっき居たドンデン池周辺が箱庭のように見える。
誰もいない頂上で持ってきた🍙で朝食。

誰もいないことをいいことに、ちょっとおふざけ。

Seoto2016072414_2
「ドンデン尻立山」だけに・・・・ド〰ん臀~ん 
こりゃ失礼いたしました・・・・

Seoto2016072412_2
お口直しにカラマツソウ。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

Seoto2016072410_3
もひとつお口直しにツリガネニンジン。(*´v゚*)ゞ

結局、時間が早かったせいもあるけど、日曜だというのに誰とも会わずに午前9時前に車に戻った。
ほんとうに超お手軽なハイキングコースだったけど、プチ高原気分も味わえたし、独り占めのお山のお散歩。サイコウーでした。

PS:
佐渡には熊さんいません。 だから一人でも何の心配もなく山を歩けますが・・・、時には、道端で「牛」がくつろいでいるんですね~。( ^ω^)おっおっおっ

Seoto20162016072429

|

« 天然杉を巡る   | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

Ⅲ野の花」カテゴリの記事

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅱ山登り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ドンデン高原もいいところですね。
景色はもちろん 高原の綺麗なお花も楽しめて・・・たった30分ほどで高原気分が味わえて サイコウ ね!

おまけの  ド〰ん臀~ん に ノックアウト

ところで イブキジャコウソウの紫の中に 赤っぽい色があるのは 蝶ではないですか?
私が見たいと思ってるクジャクチョウの色に似てます。
見間違いだったらごめんなさ~いm(_ _)m

投稿: zucca | 2016年7月24日 (日) 22時39分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
30分で高原気分。最高です。o(*^▽^*)o
わずか900mといえども、海抜0mからの900mですから、下と上では植生も全然違い短時間でいろんなものが見れるところがいいですね~。

紫の中の赤い色、確かにクジャクチョウの色に似ていますが、原画拡大して見てみたところ・・・、残念ながら葉っぱのようでした。(*_ _)人ゴメンナサイ
クジャクチョウといえば、今頃、尾瀬に行けば見れるんでんでしょうね。

投稿: せおと | 2016年7月25日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超お気楽ハイキング:

« 天然杉を巡る   | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »