« 初夏の里山 | トップページ | 四十雀母子手帳 巣立ち »

2011年5月29日 (日)

渓流はようやく晩春

今年2回目の渓流釣りに行ってきた。
5月1日に訪れてから一ヶ月も過ぎていないのに、渓を覆う一面の残雪はすっかり消え、新緑の木々が清々しい。
P5281515_s

このところ雨が降っていないから渓水の濁りはないが、水量がだいぶ落ち着いてきたから、やっと本来の渓流釣りが楽しめるかな?と、いつものようにポイント探りながら釣りのぼる。P5281514_s ここの渓にしては型がイマイチ小さいが、数はそこそこ出てくれる。
前回は水量が多く、とても川を渡れる状況ではなかったが、この水量なら渡渉点を選べば問題なし。
P5281526_sどうしても水際を歩けないところは少し森に入って小さく巻く。
そんな巻きの途中に、ちょっと開いたコシアブラを見つけ、昼食の天ぷら用に数本いただく。P5281512_s ここでも毎年コシアブラの時期はGWの頃だから、今ごろ食べ頃のコシアブラがあるなんて、やっぱり残雪の影響で季節がだいぶ遅れていたようだ。

お昼頃、雪代(雪解け水)が入り始めたようで、水量が若干増加し始め、薄い濁りと水温の低下も。
これを合図に釣りは終了し、さっそ河原で昼食準備に取りかかる。
今日のメニューは、イワナ・コシアブラ・タラノメの天ぷら、イワナのなめろう

P5281529_s
淡泊な味のイワナは天ぷらがよく似合う。それとこの時期にしては思いがけず収穫があったコシアブラの天ぷらは絶品。P5281531_s_2季節は既に初夏だけど、雪深い渓流はようやく遅い晩春。春の味に舌鼓を打ちながら、今回も変わらず楽しませてくれた渓流に感謝。

帰り道、登山道脇に咲く日本海要素のオオバキスミレ、
P5281506_s

P5281503_s
日陰の林床にサワハコベとニリンソウ、
090509_552_s
あとは、少しばかり出始めたワラビを採りながら山を降りた。
 

|

« 初夏の里山 | トップページ | 四十雀母子手帳 巣立ち »

Ⅵ渓流釣り」カテゴリの記事

Ⅲ野の花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
渓流釣り良いですね。採れたての山菜、魚おいしそうですね。
大砲を担いだ自称バーダーが多い中、自然派せおとさんのゆとりのあるスタンスにあこがれています。

投稿: T&T | 2011年5月29日 (日) 15時55分

こんなに青い清流の中に 身を置いて一日過ごせたら
きっと心に貯まった良くないものも さらさらと
流れて行ってしまうのでしょうね・・・。

コシアブラ・・食べたことないです。
タラの芽大好物です。山菜の中で一番好きかも?
ワラビは これからなんですね!
今年は、鳥見に行きたくて山菜とりに行きそこねてしまいましたε-( ̄ヘ ̄)┌

投稿: カコキ | 2011年5月29日 (日) 19時15分

雪もあっと言うまですね!
おいしそうな岩魚に山菜いいな~!
コシノアブラ色が良いですね(^^♪ うまそう!
お酒もほしいですね^^;

投稿: ぽちじゃん | 2011年5月30日 (月) 09時27分

T&Tさん こんにちは
とれたての渓流魚、山菜は究極の地産地消、釣り人の特権ですね。(゚▽゚*)
ゆとりがあるって言うか・・・根っからの野生児で、ただ単に好きなだけですから、どうせ自然の中に出るんだから、いろんなこと楽しまなくちゃって、ゆとりと言うより欲張りなのかも知れませんよ。(^-^;
デジスコは私のスタイルに合っているんです。大砲担いでちゃ野山歩き回れませんからね。(*^ω^*)ノ彡

投稿: せおと | 2011年5月30日 (月) 12時40分

カコキさん こんにちは
そうですね。渓流釣りは流れを遡りながら釣り歩くので、けっこうハードな釣りなんですが、身体は疲れても気分は爽快になります。 私なんか貯まった良くない物全部流したら骨と皮しか残らないので、Σ( ̄ロ ̄lll 入れ替えに自然の空気一杯詰め込んで帰っています。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
コシアブラは美味いですよ! 私はタラノメよりも好きかな。春の渓流は山菜も楽しめるから(・∀・)イイ!ですよ。

投稿: せおと | 2011年5月30日 (月) 12時48分

ぽちじゃんさん こんにちは
あんなに残っていた雪ですが、5月に入って一度に消えちゃいましたね。
無論、は必携品。昔は渓で飲み過ぎて登山道を踏み外しそうになったバカなこともありましたが、今はさすがに1缶だけの楽しみにしています。(^-^;
ただし、ビバーク前提にして行く場合は、肩に食い込むほどのをザックに詰め込んで行きますが・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…[

投稿: せおと | 2011年5月30日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の里山 | トップページ | 四十雀母子手帳 巣立ち »