« 初冬のヤマセミ | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった! »

2010年12月22日 (水)

コルリのさえずり

さえずりシリーズ復活です。 \(^^:;)...マアマア

第5弾は コルリ
夏鳥として比較的高地の森に渡ってくる青い鳥
そのさえずりは初夏の森に爽やかに響き渡り、他の鳥たちとのセッションで森は一際賑やかになります。

コマドリのさえずりに似ていますが、コルリは本鳴きの前に必ずチッチッチッ・・と前奏が付くこと。
白と、落ち着いた青色のコントラストが美しいけれど、なかなか藪から出てきてくれないのが難点。

この動画は5月末、標高約1,200mの高原で撮ったもの。
5月末とはいえ、高原の朝はまだ気温が低いから、右足を暖かい羽毛の中に隠し、左足1本だけで器用に立ってさえずっています。

|

« 初冬のヤマセミ | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった! »

Ⅳ動画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
コルリのさえずり なんて綺麗なんでしょう。
可愛い姿を見ながら 楽しませていただきました。
初夏の森は鳥たちの恋の季節 友情出演の鳥の声も賑やかで いいですね~。
深い森にひき込まれてゆきます。

コルリの片足で立つ姿が可愛いです。
水鳥では寒いときに 良く見ますけど 野鳥もするんですね(^o^)丿

さえずりシリーズ 次は何でしょう? 楽しみにしています(社交辞令無しでネ)
動画 マイクリップに追加させていただきました。

投稿: zucca | 2010年12月22日 (水) 21時53分

こんばんは
コルリのさえずり良く録れていますね。こちらでは春秋に通過の途中に一瞬立ち寄るだけで、さえずりなど夢の又夢です。
友情出演者のアカハラ、アオジもまたしかり。
広島のバーダーにとっては夢のようなフィールドです。

投稿: T & T | 2010年12月22日 (水) 22時17分

zuccaさん こんばんは
コルリ、好きなんです。オオルリともルリビタキとも違う、落ち着いた青色が大好きなんです。
小鳥の片足立ち、5月の高原ではキビタキなどもよくしています。 身体中で唯一皮膚剥き出しの部分ですから、やっぱり寒いんでしょうね。

さえずりシリーズ、もう少し在庫あるので時々のせていきますね。(o^-^o)

PS:野鳥お近づきの【秘技】、人に怪しまれること間違いないので、実行の際はくれぐれもお気おつけあれ (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: せおと | 2010年12月22日 (水) 22時20分

T&Tさん こんばんは
そうですか。こちらのフィールドは恵まれているんですね。(*´v゚*)ゞ
こちらでは、4月中旬過ぎ頃から夏鳥が姿を見せ始め、森は急に賑やかになります。
また来年、新しいさえずりを動画に撮れたらその都度Upしていきますね。

投稿: せおと | 2010年12月22日 (水) 22時36分

コルリ・・・可愛くて美声の持ち主ですね(^^)
名前まで可愛い・・・!

夏に刈込湖に行ったとき、娘が一瞬見たと言っていましたが コルリかどうかわかりません。
そのくらいお目にかかれない鳥さんです。

投稿: カコキ | 2010年12月22日 (水) 22時55分

カコキさん こんばんは
あそこにはいますね。
笹薮なんかによくいますから、遊歩道を歩き始めたあたりで見れそうですが、盛んにさえずる時期だけ枝どまりしてくれるので、5月~6月初め頃までが見やすい季節かも知れませんよ。
来年、私もまた出かけま~す。(o^-^o)

投稿: せおと | 2010年12月22日 (水) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬のヤマセミ | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった! »