Ⅱ山登り

2018年5月 7日 (月)

シラネアオイお花見登山

GW最終日、天気も回復しまずまずの空模様。
シラネアオイが見頃を迎えている頃だと思い、大佐渡山地のマトネ(標高937m)まで往復4時間程度のお花見登山に行ってきた。

登山口(標高300m程度)周辺の森は爽やかな新緑の森。

Seoto201850601
緩やかな登山道を進むと既に終わりかけていたシラネアオイも標高500mほどから奇麗な見頃の花模様になってきた。

続きを読む "シラネアオイお花見登山"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

春の雪山ハイキング

先週日曜日、佐渡山岳会主催の「春の花探勝会」に参加してきた。
行き先は小佐渡山地の経塚山。
標高658mの低山で、登り1時間半もあれば十分な山だし、今年は雪解けも早く桜の開花も早かったから、さぞたくさんの花が楽しめるだろうt思っていたのだが・・・

あいにく天候が悪かった。

Seoto201840804
午前9時過ぎに登山口に到着し、登り始めはガスの中。
急に下がった気温のせいでミスミソウもほとんどが花を閉じていた。

続きを読む "春の雪山ハイキング"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

地元のお山はいいね!

所用で金曜から月曜まで島を出て、帰る日の月曜が晴天sun予報。
こりゃ、ちょこっと地元の低山でも登ってから帰りましょう!っていうことで、一番近い五頭山へ。

その昔、小学生低学年の頃、オヤジに連れられて1回登ったことがあったが、それから数十年・・・
いくつかあるコースのどこを辿ったのか全く覚えていないけど、とりあえず最短ルートとおぼしき三ノ峰コースで稜線を目指すことにした。

Seoto2017111302
登り始めはそこそこの傾斜だけど、登山道はよく整備されていて歩きやすい。

続きを読む "地元のお山はいいね!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

秋の金北山登山

台風21号が駆け足で通り過ぎ爽やかな秋空が戻った。
毎日見上げている佐渡島最高峰の金北山1,172mも中腹付近から上が色づいてきていたので、紅葉見物方々登ってみることにした。

Seoto20171028172
山頂には既にお隣の妙見山に移転した自衛隊のレーダーサイトの廃墟があり、通行の届け出さえすれば車も通れる道を小1時間で山頂まで歩けるが、やっぱり麓から登山道で登らなければ意味がないと、宿舎から車で30分ほどの粟が沢登山口から登ることにした。
(黄色の線は今回のおおよそのルート)

続きを読む "秋の金北山登山"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

12年ぶりの火打山 Vol.3

3回にわたり続きましたがこれで最後です。

午後3時過ぎに高谷池ヒュッテに入ると、5時頃から天候が急速に悪化して雨風の荒れ模様となった.。
無論、星空も期待できず、午後8時前には爆睡sleepyに入った。

翌日、本来ならば早起きして天狗の庭あたりで火打山のモルゲンロートを期待したいと思っていたけど、午前4時過ぎに目を覚ますと雨は上がっているようだがガスが立ち込めているようで、こりゃだめだと二度寝sleepy

明るくなりはじめ、周囲の人が動き出した午前5時過ぎに起床すると火打山はガスの中。
天気が悪いのは朝のうちだけだとわかっているけど、なんだかすっかり出ばなくじかれ、このまま下山することにして午前6時前に高谷池ヒュッテを後にした。

Seoto201792101

続きを読む "12年ぶりの火打山 Vol.3"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

12年ぶりの火打山 Vol.2

前回からの続きです。
残念ながら薄雲が広がってしまったけど、火打山はくっきり見えてるし、雨の心配もなさそうなので、昼食終えて再スタート。

Seoto201792044
高谷池の周りをまわって一段上がるとロックガーデンのような美しい台地がある。

続きを読む "12年ぶりの火打山 Vol.2"

| | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

12年ぶりの火打山 Vol.1

台風18号も被害無く通り過ぎて行ったので、予定通り遅い夏休みがとれた。

何処に行こうかいろいろ迷ったけど、鳥のいないこの季節、美しい風景とあわよくば北限に住むライチョウに逢いたいな~と期待して、実に12年ぶりに火打山に行ってみることにした。

Seoto201792001
9月20日午前7時半頃、妙高高原笹ヶ峰の登山口をスタート。
天気は薄日のさすまずまずの天気。

Seoto201792002
出発から1時間弱、黒沢まではブナの森の緩やかな登でり準備運動完了。

続きを読む "12年ぶりの火打山 Vol.1"

| | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

お山の花々

いつもながら遠征ネタで引っ張っていますが、これで最後です。(^-^;
今回、出会ったお山の花々。しんどい登りも美しい風景と可憐な花々を見ると疲れも忘れます。
まずは燧岳広沢田代の湿原に咲く花々から。
 
Seoto201772414_2
 
大好きなタテヤマリンドウ。
小さな花だけど爽やかな薄青色が高層湿原によく似合います。

続きを読む "お山の花々"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

尾瀬のニッコウキスゲ

さ、前回の続きです。
快調に長英新道を下り、登山道の最後はシラビソなどの針葉樹林の中をルリビタキ、メボソムシクイ、ミソサザイの囀り聞きながら爽やかに歩き、やがて浅海湿原脇の尾瀬沼河畔に出てほどなく大江湿原に着いた。
 
Seoto201772430
 
 
尾瀬沼のシンボル三本カラマツの向こうにはニッコウキスゲの黄色のお花畑が広がっている。

続きを読む "尾瀬のニッコウキスゲ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

念願の燧ケ岳登頂

日の出前から屋根をたたく雨音に気持ちが萎えかけていたけれど、雨雲レーダーきっちり確認してみたら、どうも午前7時頃には雨雲も抜け、昼過ぎまでなら持ちそうだと判断し、2時間遅れで支度を整え、午前7時ちょっと前に御池駐車場に到着。
予想通り雨も上がり、燧ケ岳もほぼ全容が見えてきた。
 
Seoto201772406
 
今回目的の一つは、いつも見上げてはいたが一度も登ったことのない尾瀬の名峰燧ケ岳を登ること。
ルートは尾瀬御池から広沢田代、熊沢田代の二つの高層湿原を通って頂上に上がり、頂上からは長英新道で尾瀬沼に下り、大江湿原のニッコウキスゲを見て沼山峠に上がって沼山峠駐車場からシャトルバスで御池に戻るという歩行距離約13kmの日帰りルート。

続きを読む "念願の燧ケ岳登頂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧