« 梅雨遠征 二日目 | トップページ | 青葉の中のアオバズク2019 »

2019年7月 3日 (水)

梅雨遠征 最終日

遠征メインの中日を超まったりとすごしたが、最終日は待望の晴れ予報。

Seoto20190625p6250038  
前夜のお酒も何のその、ピキッ!と超早起きして「遥かな尾瀬~♪」を目指し、尾瀬沼の玄関口、尾瀬御池へ。

午前5時半。始発のシャトルバスがやってきた。

Seoto20190625dsc_0738

今年から導入された電気バス。
外見には窓のほとんどない護送車(-_-;)のようなバスだけど、窓までラッピングされているだけだから、車内からの眺望はまずまず。
一般車の乗り入れが規制されている道だから、そこを走る環境に優しい電気バスの導入は喜ばしいところだが、今年はどうやら2台だけのよう。(笑)
3組6人と乗り合わせ、モーター音を唸らせ沼山峠バス停へ。

沼山峠バス停から尾瀬沼に通じる木道を歩きだす。
コマドリ、ミソサザイ、メボソムシクイ、センダイムシクイの囀り聞きながらの木道歩きは心地よい。

峠を過ぎ下りきり、樹林帯を抜けると大江湿原に出る。

Seoto20190625p6250018

ミズバショウはほぼ終わり、湿原の緑も一層濃さを増したよう。
前夜の雨のせいもあり、タテヤマリンドウは蕾を閉ざしたまま。

今日は、尾瀬沼周辺でコマドリ探すのもお目当ての一つだから、花は後回しに尾瀬沼を目指が・・。

Seoto20190625p6250095

Seoto20190625p6250034

大江川を渡る付近では、シナノキンバイとリュウキンカの黄色が鮮やかに彩る。

Seoto20190625p6250040

ほどなく尾瀬沼に到着。

コマドリの囀りが奥の森から聞こえる。
小淵沢田代へと続く道に入り、少し登てコマドリ待ち。
盛んに囀りは続いているけど、小一時間たっても近づく様子がない・・・。
どうしようかな・・・?小淵沢田代まで上がってもいいけど、こんな天気のいい日は、まだ一周したことの無かった尾瀬沼でも周遊しようかなと、すぐさま計画変更。
尾瀬沼を時計回りに歩くことにし、尾瀬沼南岸の道へ。

Seoto20190625p6250051

燧ケ岳がスッキリと見える尾瀬沼南岸のビュースポットで小休憩。
ここは以前、うどん作って食べ、お昼寝したお気に入りの場所。

Seoto20190625p6250046

Seoto20190625p6250053

ここまでくるとタテヤマリンドウが一面に咲いていた。
小さなリンドウだけど私の大好きな花。
ここから尾瀬沼南岸を歩き沼尻を目指す。メジャーな道ではないから多少荒れているところはあるが、常に燧ケ岳を見ながら歩くのも気持ちよく、小さなお花見ながらののんびり歩きとなった。

Seoto20190625p6250048

イワカガミとタテヤマリンドウ

Seoto20190625p6250056

やっと数輪だけ開きだしたゴゼンタチバナ

Seoto20190625p6250060

ミツバオウレン

Seoto20190625p6250057  

ムラサキヤシオ

Seoto20190625p6250062

沼尻に近づくと小沼湿原に出る。

Seoto20190625p6250063

変身中のワタスゲと

Seoto20190625p6250072

ほぼ変身完了のワタスゲ

Seoto20190625p6250065

ほどなく沼尻に到着。
休憩所美味いコヒーをいただきしばし休憩。

休憩所脇の木道では チングルマがまだ咲いていた。

Seoto20190625p6250071

Seoto20190625p6250074

秋になれば真っ赤になる葉も緑濃い。

Seoto20190625p6250075

燧ケ岳がを見上げ、ここからは尾瀬沼北岸を歩くことになる。

Seoto20190625p6250091

湿地ではミツガシワが開きだし、

Seoto20190625p6250102

小さな小さな「木」ヒメシャクナゲも咲いていた。

Seoto20190625p6250087

見上げる燧ケ岳は山頂までくっきりと。
こんな日に登れば絶景が楽しめるんだろうけど、今日は帰らなきゃいけない日だから、疲れることはやめときましょうね!ってなことで見上げるだけにしておきました。(笑)

Seoto20190625p6250081

ミズバショウはおぼ終わってお化けのような巨大葉っぱになったものばかりだけど、中にはそれらしい姿のミズバショウも。
尾瀬の代名詞だから、とりあえず撮っておきましょう!

Seoto20190625p6250082

最後はまた大江湿原に戻り、朝来た道をのんびりと登り返し、渓流釣り・お酒・温泉・尾瀬歩きと続いた梅雨の遠征を締めくくりました。

PS:ちょっと気になったこと。 ワタスゲのピークはこれからだけど、なんだか数が例年より少ない気がする・・・。
  風に揺れる真っ白なワタスゲ0の情景は、ある意味ニッコウキスゲの情景より好きだからこの先がちょっと気になるな。

|

« 梅雨遠征 二日目 | トップページ | 青葉の中のアオバズク2019 »

Ⅲ野の花」カテゴリの記事

Ⅱ尾瀬」カテゴリの記事

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ベルギービールもおいしそう~でしたが、遠征3日目で良いお天気になって良かったですね。

電気バスのラッピングが可愛くて日本らしいかも。
コマドリ でて来てくれなくて残念でしたね~。私も見たい(^^)/
尾瀬沼と木道と湿原と燧そして可愛い野草たち、尾瀬を満喫いたしました。(^^)/サンキュ

ワタスゲの少なさ ちょっと気になりますね。葉っぱが目立ちます。

投稿: zucca | 2019年7月 4日 (木) 21時38分

綺麗な景色が見れて良かったです~!
三日目で晴れ間 青空の下いいな~
ビールも(^^♪

植生が変化しているんでしょうか?
それともちょっと早いのか?
不思議ですね!

投稿: ぽちじゃん | 2019年7月 4日 (木) 22時50分

★ zuccaさん コメントありがとうございます。
何しに行ったか分からない遠征になりましたが、終わりよければ全てよし!ってなことにしましょう。
コマドリは近くで囀っていたんですが、恥ずかしがりやは顔を見せてくれませんでした。(笑)
ワタスゲは盛期には早いですが、変身中も含めてみると、やっぱり少ないと思います。ちょっと残念ですね。

投稿: せおと | 2019年7月 5日 (金) 20時33分

★ぽちじゃんさん コメントありがとうございます。
ベルギービールはいいですよ~。度数が高いから調子こいて飲みすぎるとヤバいですけどね。(笑)
コマドリは、次回、ちょっと高いところに行こうと思っているので乞うご期待です。
花も当たり年と裏年があるので、どうも今年は裏年になりそうな予感です。ワタスゲとコバイケイソウが特に少ないような・・・ 気のせいだといいのですが。

投稿: せおと | 2019年7月 5日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨遠征 二日目 | トップページ | 青葉の中のアオバズク2019 »