« 宝物 | トップページ | 春まだ早い高原 その2 »

2019年4月25日 (木)

春まだ早い高原

マイフィールドに戻り、さっそく高原へプチ遠征へ。
久しぶりの出会いと引っ越し疲れのリフレッシュに期待して心躍らせ、ついでにゴツゴツしたお山が見たかったのと、あわよくば夏鳥第1陣もと、ちょっと欲張り。(^-^;エヘヘ

だが、着いてみて驚いた。

Seoto20190422p4220117

あっれ~! たしか昨年同時期に来たときは桜が咲いていたのに、今年は桜はおろか林床も一面雪で覆われていて、山間の池も未だ半分以上が雪で埋め尽くされている。(@_@)

聞けば4月初旬に雪が降り、かなり積もったらしい。

これじゃぁ夏鳥無理だね・・・。でも、天気はいいし気温も上がって暖かく、人もほとんどいないしのんびり野鳥を探すには最高の環境。
・・・ってなことで、さっそく森の徘徊へ。

Seoto20190422p4220125

池をちょっと廻れば開けた水面ものぞき、残雪の山姿がとても美しい。

Seoto20190422p4220126

池の脇のハンノキと残雪の山。

Seoto20190423p4230166  

森では、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、コガラのお馴染みカラ軍団がさえずり、早春の森を賑わす。

Seoto20190423p4230127

さすがに昆群はほぼ解消され、それぞれの種が思い思いにエサ探し。

Seoto20190423p4230207

ミソサザイも小さな身体で精いっぱい唄い賑やかだ。

Seoto20190422p4220095

雪の消えた林床では、リュウキンカが数輪だけ開花し、ミズバショウはよやく先端を開きかけている・

Seoto20190423p4230232

残雪の林床をリスがチョコチョコと。

次回に続く~。

|

« 宝物 | トップページ | 春まだ早い高原 その2 »