« 船上から | トップページ | 11月初旬の鳥 »

2017年11月16日 (木)

地元のお山はいいね!

所用で金曜から月曜まで島を出て、帰る日の月曜が晴天sun予報。
こりゃ、ちょこっと地元の低山でも登ってから帰りましょう!っていうことで、一番近い五頭山へ。

その昔、小学生低学年の頃、オヤジに連れられて1回登ったことがあったが、それから数十年・・・
いくつかあるコースのどこを辿ったのか全く覚えていないけど、とりあえず最短ルートとおぼしき三ノ峰コースで稜線を目指すことにした。

Seoto2017111302
登り始めはそこそこの傾斜だけど、登山道はよく整備されていて歩きやすい。

Seoto2017111303
5合目を過ぎるころには紅葉の葉っぱもほぼ落葉した冬枯れの森。
緩やかな稜線と手ごろな登りを繰り返し。

Seoto2017111306
落ち葉を踏みしめながら標高を上げる。

Seoto2017111307
溝のような狭いところもあるけれど、天気が良くてよかったな

Seoto2017111308
1時間30分ほどちょっとで稜線の三ノ峰に到着。
五頭山はその名の通りいくつかの峰からなる山で、三ノ峰はちょうど中間地点。

そんなに時間もかからないし、どうせなら五つ全部行こうと本山とは反対の五ノ峰へ寄り道。

Seoto2017111310
15分ほどで五ノ峰につくと視界がパッと開けた。
おぉ、ここは見覚えがあるぞ(゚▽゚*)。数十年前のかすかな記憶がよみがえる。

Seoto2017111312
眼下には新潟平野が広がり、その向こうには日本海と佐渡島もみえる。

Seoto2017111309
「友情の鐘」をカ~ンnoteと鳴らし、今来た道を戻って四ノ峰へ。

Seoto2017111311
10分ほどで縦走路からちょっと奥まったところにある四ノ峰に到着。
四ノ峰は山側に視界の開けたところ。

Seoto2017111316
美しく冠雪した飯豊連峰が素晴らしい。
四ノ峰からは、さっき登ってきた三ノ峰を通り次の峰へ。

Seoto2017111314
ありゃ?一ノ峰に着いちゃった・・・。
知らずにニノ峰通り過ぎたみたい。(゚ー゚; まぁ、いいか!ということで、ここより眺望の良さそうな奥に見える前一ノ峰へ。

Seoto2017111317
遮るもののない前一ノ峰は眺望がすばらしい。
標高900mちょっとの山だけど、思いのほか景色がいいのに驚いた。

Seoto2017111315
目の前の山は菱ケ岳。
五頭山塊では一番高い山だから、ここを回って帰ることにするが、やっぱり五頭本峰にも行っておかなければなと、五頭本峰を目指す。

Seoto2017111318
十数分で五頭本峰に到着。
平坦なところで、ここが本峰?と思いたくなるけれど、一応三角点にタッチして到着を記す。

Seoto2017111319
一番奥まったところにある五頭山本峰だから、飯豊連峰も近くなる。
いやぁ~綺麗だね。

せっかくだから、ここでcafeタイムとし、次なるお山菱ケ岳を目指し再び稜線歩き。

Seoto2017111320

一旦下りの稜線から先ほど景色を眺めた前一ノ峰が見える。

Seoto2017111321
再び稜線に出て登ていくと、飯豊連峰が目の前だ。
南から大日岳、飯豊本山、北股岳などの飯豊の主稜線が美しい。

Seoto2017111322
五頭本峰から約1時間で菱ケ岳頂上に到着。
ここからも眺望がすばらしい。

Seoto2017111324
東側には会津磐梯山、吾妻山。

Seoto2017111325
南側は尾瀬の燧ケ岳、会津駒ケ岳まで見える。

Seoto2017111326
西側は新潟の街並みと佐渡海峡を挟んで佐渡島が見え、金北山やドンデン山もみえる。
今夜、あそこに帰るんだけどね。m9(^Д^)プギャー

Seoto2017111323
ここでまったりと、豪華なランチshine
今日のメニューはミルクシーフードヌードル・・・のみ。m9(^Д^)プギャー

さてお腹もいっぱいになったし、そろそろ山を下りましょうと下山開始。

Seoto2017111329
下りはいつも快調快調sign03
再び紅葉の残る森を通り、出発点の駐車場へまっしぐらrun

合計6時間15分、距離12.6km、高低差746m。あいかわらずののんびり登山。
自宅から一番近く、いつも眺めていた身近な山、五頭山・菱ケ岳。
身近すぎて一人で登ったことは無かったけど、快晴の空のもと、ぐるっと周遊する山旅ができ、数十年前の記憶に残るところは一つだけだったけど、今回登ってみて本当に良かったと思う。
やっぱり地元の山って・・・いいねsign01

長文最後までお付き合いいただき さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

いつも通りコースや詳細はYAMAPにUpしてあるので、興味のある方はこちらにどうぞ。

|

« 船上から | トップページ | 11月初旬の鳥 »

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅱ山登り」カテゴリの記事

コメント

すごい良いお天気sign01
遠くの山並みまではっきり見えて最高の登山日和でしたね。

飯豊連峰はもう雪景色、尾瀬方面もそうかな?・・・などと
頂上からの眺望 楽しませて頂きました。

地元っていいですよね、安心感もありますよね?

投稿: zucca | 2017年11月17日 (金) 22時56分

cloverzuccaさん コメントありがとうございます。
久しぶりの快晴登山でした。(*゚▽゚)ノ
飯豊以外は遠くて冠雪などわかりませんでしたが、2,000m級は冠雪してるようですよ。

たぶん今シーズン最後の登山になったと思いますが、地元の山で〆られたのもよかったかな?って思っています。
灯台下暗し・・・。いい山でした。

投稿: せおと | 2017年11月18日 (土) 20時57分

登っていたんですね~(^^♪
山一つ(ふたつか)向こうに
秋の最高に良い登山日和でしたね!
遠く飯豊の白い山並みが見事です~

身近にあるだけに…自然一杯時間も一杯あればな~って(笑)
この次の晴れ間に恵まれます様にって思っちゃいますね!
船乗っての計画は天候に左右される時期になりました。すいません、なかなかバシッとスケジュール合わないです~(^^ゞ

投稿: ぽちじゃん | 2017年11月18日 (土) 20時58分

cloverぽちじゃんさん コメントありがとうございます。
ホントに偶然、お隣さん。m9(^Д^)プギャー
それにしても最高の登山日和で遠くの山並みが素晴らしかったですね。
最初は二王子登ろうかなと思っていたのですが、朝が思いのほか冷え込んだので標高を下げて五頭に変更しました。

そうですね。時々、shipが欠航するようになりました。
今日は島でも初雪が舞っています。
冬場のshipはリスクが高いので、無理ない時間が取れればいつでも来てくださ~い。(*^-^)

投稿: せおと | 2017年11月19日 (日) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561451/66052192

この記事へのトラックバック一覧です: 地元のお山はいいね!:

« 船上から | トップページ | 11月初旬の鳥 »