« 12年ぶりの火打山 Vol.2 | トップページ | 海岸お散歩 »

2017年10月 1日 (日)

12年ぶりの火打山 Vol.3

3回にわたり続きましたがこれで最後です。

午後3時過ぎに高谷池ヒュッテに入ると、5時頃から天候が急速に悪化して雨風の荒れ模様となった.。
無論、星空も期待できず、午後8時前には爆睡sleepyに入った。

翌日、本来ならば早起きして天狗の庭あたりで火打山のモルゲンロートを期待したいと思っていたけど、午前4時過ぎに目を覚ますと雨は上がっているようだがガスが立ち込めているようで、こりゃだめだと二度寝sleepy

明るくなりはじめ、周囲の人が動き出した午前5時過ぎに起床すると火打山はガスの中。
天気が悪いのは朝のうちだけだとわかっているけど、なんだかすっかり出ばなくじかれ、このまま下山することにして午前6時前に高谷池ヒュッテを後にした。

Seoto201792101

時間はあるしゆっくり下山だなと、雨でグチョグチョになった登山道戻り始めた。

Seoto201792040
ヤマウルシ?の紅葉や、

Seoto201792022
オヤマリンドウの花や、

Seoto201792039
シラネニンジン?の花や、

Seoto201792042
イワイチョウの黄葉など、十分に楽しませてくれた火打山ともお別れ。

Seoto201792103
黒沢岳の西麓を進むと、そこはダケカンバの森。

Seoto201792102
こんな説明看板があったが、なるほどね。

Seoto201792104
昨日、三山が見えたところもお山はガスの中。

快調に下り、森はやがてオオシラビソの森に変わる。

Dsc_0361a
オオシラビソの森は何度歩いても気持ちがいい。
ほのかに甘い香りと爽やかな香りの森は実に居心地がいい。

Seoto201792106
ここは新潟県内では一番海に近いオオシラビソの森になるのかな?

Seoto201792010

林床にはゴゼンタチバナの赤い実。

Seoto201792107
オオシラビソの森からは急坂の始まり。
昨日、喘ぎながら休みやすみ上がってきた道を快調に下る。

Seoto201792108
急坂の最後はブナの森。

Seoto201792109
午前8時45分、無事に登山口に到着し今回の山行はこれにて終了。

相変わらず自分の体力の無さを痛感するととになったが、心配された下山時の膝の痛みも出ることはなく、まずは雨に降られず美しい景色を眺められただでも登ってよかったな? そんな満足感のある山行でした。

初日のルート・コースタイム等詳しいことはYAMAPにアップしているので、興味のある方はこちらにどうぞ。

|

« 12年ぶりの火打山 Vol.2 | トップページ | 海岸お散歩 »

Ⅲ美しき自然の姿」カテゴリの記事

Ⅵ登山・トレッキング」カテゴリの記事

Ⅶ遠征記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
火打山山行記 一足早い紅葉や山頂からの眺めなど
楽しませて頂きましたヽ(´▽`)/サンクス。

高層湿原もあって ゆったりした気分にもなれるし、良い山ですね。

今年は山づいてますね。
山も大好きなので 山便りも嬉しいです。

素敵な夏休みが過ごせて何よりでした。

投稿: zucca | 2017年10月 2日 (月) 22時10分

火打山行ってらしたんですね~
いつの間にかVlo3まで…
天候はそこそそ降られた訳ではなさそうで良かったです!
12年ぶりですか…登山道も随分変わったてたんじゃないですかね~
良いシーズン、草木も紅葉が始まりますって宣言しているようですね!
そうそう 12年ぶりのあの子は 雷鳥だったんですね!! 曇りがちの天気って、バッチリ雷鳥に会えそうな感じがしますが…晴れた日に合った事が無い個人的な意見ですが(笑)。
気持ち良さそうな高山の湿原 良い夏休み出来きたみたいです。

投稿: ぽちじゃん | 2017年10月 2日 (月) 22時50分

cloverzuccaさん コメントありがとうございます。
火打山はいい山です。危険なところは一ヶ所もないし、ちょっとだけ頑張れば別世界に行けます。

佐渡に来て目の前のお山歩いているうちに、しばらく眠っていた山登りの虫が目覚めたようなんです。
初夏から秋までのお気楽登山しかしませんが、盛夏から初秋は鳥の少ない時期でもあるし、ちょうどいい野遊びになっているかな?と思っています。(^^♪
・・・ブランク間に重ねた歳が思いのほかちょっと辛いですけどね。(^_-)-☆

投稿: せおと | 2017年10月 3日 (火) 20時48分

cloverぽちじゃんさん コメントありがとうございます。
ぽちじゃんさんとは違い、私の方はお気楽登山(^-^;でしたが、まずは楽しんできました。
12年前は2泊3日で火打山と妙高山を登りましたが、今回は火打山だけという楽勝コースにしました。 登山道は昔からあった木道がしっかりしたものになっていたことと、泥付きの急登部分が少しだけ木道になっていた程度で、昔の記憶とさほど変わっていなかったことが嬉しかったですね。
ライチョウは残念でしたが、やっぱり天候に左右されるでしょうね。景色を楽しむには晴天がいいけど、ライチョウに逢うにはガスが欲しい・・・悩ましいことです。m9(^Д^)プギャー

投稿: せおと | 2017年10月 3日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561451/65862134

この記事へのトラックバック一覧です: 12年ぶりの火打山 Vol.3:

« 12年ぶりの火打山 Vol.2 | トップページ | 海岸お散歩 »