« 雨雨雨・・・ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »

2017年7月26日 (水)

念願の燧ケ岳登頂

日の出前から屋根をたたく雨音に気持ちが萎えかけていたけれど、雨雲レーダーきっちり確認してみたら、どうも午前7時頃には雨雲も抜け、昼過ぎまでなら持ちそうだと判断し、2時間遅れで支度を整え、午前7時ちょっと前に御池駐車場に到着。
予想通り雨も上がり、燧ケ岳もほぼ全容が見えてきた。
 
Seoto201772406
 
今回目的の一つは、いつも見上げてはいたが一度も登ったことのない尾瀬の名峰燧ケ岳を登ること。
ルートは尾瀬御池から広沢田代、熊沢田代の二つの高層湿原を通って頂上に上がり、頂上からは長英新道で尾瀬沼に下り、大江湿原のニッコウキスゲを見て沼山峠に上がって沼山峠駐車場からシャトルバスで御池に戻るという歩行距離約13kmの日帰りルート。
さすがにここ数日の悪天候で広い御池駐車場もまばらな車。
気温16℃。念のため雨具着込んで身支度整え、午前7時26分登山道に入る。
標高1,500m。
 
Seoto201772401
 
ほどなく木道も終わり、雨でぐちょぐちょの岩のゴロゴロした急登が始まる。
いやぁ~ 最初からこれはきついね・・・。(^-^;
40分ほどで傾斜が緩やかになり、やがて最初の高層湿原広沢田代に到着。
標高1,750m
 
Seoto201772403
 
後にも先にも見渡す限り人影一つなし。
 
Seoto201772402
 
ここは小さな池塘がいくつかあり、樹林帯を喘ぎながら登ってきた身には爽やかさが身に染みる。
ここでは燧ケ岳の山容が見えないので、10分ほどの小休憩をとって水分補給し、次なる高層湿原熊沢田代を目指し再び樹林帯の急登にとりつく。
 
Seoto201772405
 
30分ほど登ると視界が開け、眼下にスタート地点の御池駐車場と先ほど休憩した広沢田代が見える。
 
Seoto201772408
 
それから10分ほどで視界がぱっと開け熊沢田代到着。 標高1,900m
ここで再び小休憩。
 
Seoto201772407
 
相変わらず人っ子一人見えず、ぜいたくな風景を独り占めで至福のひと時。
目指す燧ケ岳頂上は眼前。
 
Seoto201772409
 
これから登るルートを確認し再び歩き出す。
 
Seoto201772416
 
木道の真ん中に一輪だけ咲いていたニッコウキスゲに見送られ高層湿原ともこれでお別れ。
 
Seoto201772419
 
さすがにちょっとお疲れモードでペースが落ちるも休みやすみ登り、熊沢田代から確認した雪渓を慎重に登る。標高2,150m
標高差約50m、長さ約100m弱の雪渓であるが、シッカリした雪渓で滑らないように慎重に足を進めるも難なくクリアー。
 
Seoto201772420
 
続いて同じく下から確認したガレ場に到着。標高2,250m
予想に反して距離も短く傾斜も緩やかだったのでこちらも難なくクリアー。
稜線も目の前、最後に緩やかなハクサンシャクナゲ咲く樹林を抜けると、やがて岩の連なる頂上の俎嵓(まないたぐら)標高2,346mに午前11時ちょうどに到着した。
 
Seoto201772422
 
あれ~・・・ガスで何も見えない・・・・(ノ_-。)
へばってペースダウンしたのと、花の写真撮るのに夢中になって、30分ほど予定より遅れたのが災いしたようだね。\(;゚∇゚)/
燧ケ岳山頂は、ここ俎嵓と隣にある柴安嵓の二つのピークがあり、高さでは柴安嵓の2,356mが最高峰。
だから燧ケ岳に登ったというなら20分ほどで行けるという柴安嵓まで行かなければならないが、視界も効かない状況でもあるし、下山の時間もあるからと、ピークを目指さなくても満足する私としてはあっさり断念。o(*^▽^*)o
2,300m以上の山では燧ケ岳は日本で一番北に位置する。
10m低いが俎嵓には二等三角点「燧岳」があり、それにシッカリタッチしたので、自分としてはこれをもって念願だった燧ケ岳登頂とすることにし、強い風を避けながら祠の岩の裏でお食事タイムとした。
 
Seoto201772423
 
流れるガスが一瞬だけ晴れる瞬間を待ち、お隣の柴安嵓や尾瀬ヶ原、尾瀬沼をチラッと見届けたあと、長英新道ルートで尾瀬沼目指してルンルン気分で下山開始した。
 
次回、大江湿原のニッコウキスゲに続く~。m9(^Д^)プギャー

|

« 雨雨雨・・・ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »

Ⅱ尾瀬」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

Ⅱ山登り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ニュースでは 大雨 との事だったので、
ヒュッテでゆっくり休養されてたのかと思ってました。

念願の燧ケ岳登頂 おめでとうございます。
お天気も せおとさんの予想通りで、さすが!
途中の眺めを私も楽しませて頂きました。

至仏山には登った事あります、エーデルワイス 咲いてました(^^)/

次回も楽しみにしています♪

投稿: zucca | 2017年7月27日 (木) 22時03分

zuccaさん コメントありがとうございます。
ですよね~。前の記事見たらそう思いますよね~(^-^;
ですが、神様微笑んでくれたんですよ。
まぁ、日頃の行いが通じたってところでしょうか!m9(^Д^)プギャー
山頂ではガスに囲まれましたが、それまでは素晴らしい眺望を楽しめ、私としては大満足でした。
至仏に登ったんですね! 私もいつかはと思っているのですが、東面の登山道が登り専用の一方通行になってしまったので、新潟県側からはちょっと厳しくなっちゃいました。
ウスユキソウですね。 私もだいすきです。
写真整理が終わったら次回UPしま~す。

投稿: | 2017年7月28日 (金) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念願の燧ケ岳登頂:

« 雨雨雨・・・ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »