« 念願の燧ケ岳登頂 | トップページ | お山の花々 »

2017年7月29日 (土)

尾瀬のニッコウキスゲ

さ、前回の続きです。
快調に長英新道を下り、登山道の最後はシラビソなどの針葉樹林の中をルリビタキ、メボソムシクイ、ミソサザイの囀り聞きながら爽やかに歩き、やがて浅海湿原脇の尾瀬沼河畔に出てほどなく大江湿原に着いた。
 
Seoto201772430
 
 
尾瀬沼のシンボル三本カラマツの向こうにはニッコウキスゲの黄色のお花畑が広がっている。
例年、ニッコウキスゲの頃は人混みが凄いから、人混み避けてピーク時期には滅多に出かけていなかったから、見頃を迎えたニッコウキスゲを見るのは数年ぶりのような気がする。
 
Seoto201772427
 
例年だと「海の日」頃が見ごろだと思うのだけれど、今年は雪が多かったせいでずいぶん遅れていたようだ。
 
Seoto201772429
 
木道の両脇に広がる黄色の花。
直前の天気のせいもあると思うけど、こんなに奇麗に咲いているのにほとんどハイカーがいない。
 
Seoto201772425
 
ところどころに白いカラマツソウ。
 
Seoto201772424
 
涼やかで奇麗だな~ ( ̄▽ ̄)
 
Seoto201772428
 
紫色のアクセントはヒオウギアヤメ。
ニッコウキスゲとヒオウギアヤメとワタスゲのコラボ。 
高原のお花畑って感じだね。
 
Seoto201772426
 
カキツバタもちらほらと。
 
Seoto201772432
 
ふらふらと舞い、ニッコウキスゲとまった蝶。
 
Seoto201772433
 
真っ黒で美しくはないが、クロヒカゲだと思う。
その名の通り日陰を好む蝶らしいが、曇り空の下では関係ないのかな?
 
Seoto201772435
 
大江湿原を沼山峠方向へ歩くとワタスゲが多くなる。
 
Seoto201772434
 
振り返るとニッコウキスゲの黄色い絨毯が美しい。
 
Seoto201772436
 
大江湿原ももうすぐ終わり。
最後にニッコウキスゲに別れを告げ、沼山峠にあがる樹林帯の木道を歩き始めた。
今年は、海辺で佐渡大野亀のトビシマカンゾウ、高原で尾瀬のニッコウキスゲを続けて楽しめた。 こんな年もめったにないね。(v^ー゜)!!
 
Seoto201772437
 
午前7時25分に出発してから7時間40分、距離13km 高低差839mの遠征ももうすぐ終わり。
日頃の不摂生と前夜のが効いたのか、峠を過ぎたころから膝の裏が時々ピキピキ・・・と限界間近を教えている。
ゆっくりと、ゆっくりと木道を下り、午後3時過ぎに沼山峠バス停に無事到着。
結局、最後まで雨にも降られず、人とほとんど会わずに尾瀬の自然をた~っぷりと満喫したのでした。

|

« 念願の燧ケ岳登頂 | トップページ | お山の花々 »

Ⅱ尾瀬」カテゴリの記事

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

Ⅱ山登り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
湿原一面に咲くニッコウキスゲ 綺麗ですね~
なんといっても 夏の尾瀬はやっぱり この黄色いお花畑ですよね♪
カラマツソウも美しいですね。
沢山の素敵な写真で楽しませて頂きました(^^)/サンクス
梅雨明け10日、今年は戻り梅雨や台風で 晴れませんね。
私もプチ遠征の計画がのびのびになってます

投稿: zucca | 2017年7月29日 (土) 21時29分

zuccaさん コメントありがとうございます。
数年ぶりにニッコウキスゲの見ごろに行けましたが、尾瀬らしい風景にメチャ癒されました。
考えられないほど人もいませんでしたし、ほんとに突撃して良かったとと思います。
こちら、未だ梅雨明けしてないんですよ。(^-^;
「関東甲信」だけで「越」は入っていませんでしたが、今週中ごろから予報なので、そのころにはこちらも梅雨明けするかも知れませんね。
エッ?プチ遠征??どこどこどこ???o(*^▽^*)o

投稿: せおと | 2017年7月30日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬のニッコウキスゲ:

« 念願の燧ケ岳登頂 | トップページ | お山の花々 »