« 尾瀬のニッコウキスゲ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2017年7月31日 (月)

お山の花々

いつもながら遠征ネタで引っ張っていますが、これで最後です。(^-^;
今回、出会ったお山の花々。しんどい登りも美しい風景と可憐な花々を見ると疲れも忘れます。
まずは燧岳広沢田代の湿原に咲く花々から。
 
Seoto201772414_2
 
大好きなタテヤマリンドウ。
小さな花だけど爽やかな薄青色が高層湿原によく似合います。
 
Seoto201772404
 
背の高いキンコウカに埋もれがちだけど、この花は見逃せない。o(*^▽^*)o
 
Seoto201772411_2
 
秋になると葉っぱが赤く色づき草紅葉の主役となるけれど、夏のキンコウカは爽やかだ。
 
Seoto201772410
 
数は少ないけど、湿原で鮮やかな紅紫色の花はサワラン。
 
花ではないけど湿原に欠かせない植物も。
 
Seoto201772415
 
こちらはモウセンゴケ。
 
Seoto201772413
 
こちらはチングルマの果穂。
 
Seoto201772412
 
おなじみワタスゲの果穂。
湿原を渡る風に今にも飛び出しそうな綿毛が爽やかだ。
 
標高2,000m付近ではサンカヨウの花がまだ咲いていた。
 
Seoto201772417
 
この花も大好きな花。
 
Seoto201772418
 
基本的に花びらは白いが、水にぬれると白い色が抜けて花びらが透き通るのが魅力で、今回、雨上がり直後だったことがラッキーだったね。
 
Seoto201772419
 
今回の登山。頂上では視界が効かなかったけど、透き通ったサンカヨウが見れただけでよかったかなって思うくらい。(o^-^o)
 
頂上付近ではハクサンシャクナゲが満開。
 
Seoto201772420
 
この写真だけ見ると、どこかの公園みたいだけど、俎嵓直下にある平坦な小さな樹林で、これを抜けるとすぐに岩の頂上に着く。
 
長い樹林帯の下山道、長英新道に咲く花々。
 
Seoto201772421
 
黄色が鮮やかなオトギリソウ。
 
Seoto201772423
 
ギンリョウソウもあちこちに。
 
Seoto201772422
 
最後は、これまた好きなゴゼンタチバナ。
白いのは苞で、実際の花は中心にある小さな集まり。
この花は通常4枚の葉であるが、花が咲くときだけ6枚になるというから不思議だね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
さてさて、これで今回の遠征ネタもおしまいです。
豪雨の合間、わざわざ海を渡ってまで短い遠征しなくても・・・と思うけど、「尾瀬」って私にとってはそんな魅力があるところなんです。
今回歩いたルートとタイムテーブルなどの詳細は「YAMAP」にUpしています。
興味のある方はこちらへどうぞ。
長々とお付き合いいただき  さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
密かな企み・・・9月に草紅葉見に、もう一度行くぞーrock

|

« 尾瀬のニッコウキスゲ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

Ⅲ尾瀬を旅する」カテゴリの記事

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

Ⅵ登山・トレッキング」カテゴリの記事

Ⅶ遠征記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
山の花は私も大好き。
湿原や山でなくては見られない花々 堪能しました。
タテヤマリンドウも綺麗ですね。
ゴゼンタチバナの葉の話もおもしろー(^^)/

尾瀬は魅力的な場所ですよね、すぐにでも行きたくなります。9月と10月にも行った事ありますよ~。
草紅葉の頃 是非再訪なさってください。
私のプチ遠征は・・・高原へ涼みに ・・・が、延期延期で 気分はダレ気味downです('◇')ゞ

投稿: zucca | 2017年8月 1日 (火) 21時39分

cloverzuccaさん コメントありがとうございます。
山の花はいいですよね~。華美な美しさはないけれど清楚で可憐なところが惹かれます。
草紅葉の頃、できればお山にも再チャレンジしたいと思っています。お山の紅葉と湿原の草紅葉。今から楽しみです。

当地もようやく梅雨明けしました。
これからはお山に避暑に!ですね。 
気分リセットして、今度はzuccaさんの高原レポート楽しみにしていますよ。o(*^▽^*)o

投稿: せおと | 2017年8月 3日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561451/65605130

この記事へのトラックバック一覧です: お山の花々:

« 尾瀬のニッコウキスゲ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »