« サドノウサギ | トップページ | 大野亀 夕景 »

2017年6月 4日 (日)

海辺の花々

お山の花もひと段落したけど、海辺の花々は今が盛り。

佐渡外海府の景勝地、大野亀。
海に突き出た高さ167mの一枚岩。

Seoto00053105_2
麓は一面の草原で、トビシマカンゾウが咲き誇る。
晴天なら青空に映える美しい景色だけれど、この日はあいにくの曇り空となってちょっと残念。

Seoto00053103
トビシマカンゾウは山形県飛島と佐渡だけに自生するユリ科の植物。
高地の尾瀬などに自生するニッコウキスゲと同じ仲間だけど、ニッコウキスゲに比べればちょっと大型で海岸部に自生するところが大きな違い。

Seoto00053106

ここでは毎年6月の第2日曜にカンゾウ祭りが開かれるけど、今年は今日が一番見頃だと思い、観光客が押し寄せる前にと日の出から訪ねてみるも、空は今日も厚い雲・・・(ノ_-。)

Seoto201760403
風も強く気温も10℃と寒い・・・ 午後になれば青空も広がると思うけど、観光客もどっと出てくるだろうから止む無く撤収!

Seoto00053107
カンゾウの根元にはチャイブたくさん咲いている。

Seoto00053101
海岸の岩場ではイワユリも今が見頃。
岩の隙間に根を張り、強風に耐えるためか背丈は低いけど、オレンジ色の鮮やかな花はお見事。

Seoto00053102_2
同じく岩の隙間に根を張るタイトゴメ。
小さな花だけど、群生しているところでは一面黄色に染まり、色彩のない岩場が華やかに彩られていた。

お山の花もいいけれど、海辺の花もいいものだ。

|

« サドノウサギ | トップページ | 大野亀 夕景 »

Ⅲ美しき自然の姿」カテゴリの記事

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

コメント

カンゾウの花も順調に季節の色見せ始めましたね~!
これからの夏のはなの季節ですね… とすぐに梅雨ですが(笑)
海辺のは岸壁にひっそりと良い色合いですね!
なかなかこちらでは岸壁にある海へ行く事が少ないけど
島なら 山=海がセットみたいですね(^o^)丿
いつでもどこでも(^o^)丿

投稿: ぽちじゃん | 2017年6月 4日 (日) 20時53分

こんばんは!
もうカンゾウの花の季節なんですね。
海沿いの大きな一枚岩が 一面黄色に染まったら見事でしょうね。
尾瀬に行かなくても キスゲの草原が見られて、
島の中には大自然がぎっしり詰まっていますね。

海辺の花も 塩風に適応して逞しさを感じます。

投稿: zucca | 2017年6月 4日 (日) 21時59分

cloverぽちじゃんさん コメントありがとうございます。
こちらも、このところスッキリしない天気が続いていますし、気温も低くて寒いです。このまま梅雨入り?(゚ー゚;
島は常に海・山セットです。o(*^▽^*)o
海岸はほとんど岩場ですし、新潟周辺にはない景色が気軽に楽しめていいですよ~(*゚▽゚)ノ
ラスト1年?? すべて楽しみますsign01

投稿: せおと | 2017年6月 5日 (月) 20時51分

cloverzuccaさん コメントありがとうございます。
ニッコウキスゲもトビシマカンゾウも大元はゼンテイカ。
高地と海岸というまったく違う環境で見ると元は同じ種とは思えませんが、でも、やっぱり尾瀬を思い出しちゃいますね。ヽ(´▽`)/
島の自然はどれも秀逸です。shine 私もここまで豊かだとは来るまで知りませんでした。

PS: zuccaさんのブログTopにあるコメントルールに先日気づきました。いつも長々とすみませんでした。ι(´Д`υ)アセアセ

投稿: せおと | 2017年6月 5日 (月) 21時01分

いえいえ
コメントルールは 拙いブログに コメントを頂くのが申し訳なくて・・・
ですから 謝っていただかなくて良いんです。

せおとさんには いつも楽しいコメントを頂き 感謝しておりますよ~。
ありがとうございます。
これからもよろしく!(^^)/

投稿: zucca | 2017年6月 5日 (月) 21時18分

(  ̄^ ̄)ゞラジャpaper  happy01

投稿: せおと | 2017年6月 5日 (月) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561451/65368565

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の花々:

« サドノウサギ | トップページ | 大野亀 夕景 »