« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

里の朱鷺

先週末、夕方前にちょっと時間が空いたので、近くの田んぼ脇に車を止め朱鷺待ちしてみた。
30分ほどすると、朱鷺特有のダミ声とともに朱鷺が1羽あらわれ、近くの水田に舞い降りた。

Seoto2016062615
伸び始めた稲で青々とした水田に朱鷺の姿。
なんとも美し情景に車内から暫し見惚れた。

続きを読む "里の朱鷺"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

梅雨の定番

梅雨に入りぐずついた天気が多くなったけど、梅雨といえばアジサイかな?ということで、島のアジサイが綺麗なところに出かけてみた。

Seoto2016062505_2
どうせアジサイ見るなら雨に霞むアジサイが風情があっていいね~と思ってはいたが、出かけるときには曇り空。
歩くにはいいけどな・・・と贅沢なボヤキ。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

続きを読む "梅雨の定番"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

今年の住人

慶事があって二か月ぶりに自宅に帰って来た。
自宅外壁に掛けてある巣箱は中を洗ってそのまま掛けてきたが、帰ってみると巣箱下に枯れ草が数本落ちている。
どうやら誰かが巣作りをしているようだが、枯れ草を集めて巣作りするのはスズメかな?
部屋の中から様子を眺めていると案の定スズメが虫をくわえて帰ってきた。

Seoto2016061701
やっぱりね。(*^-^)
本来、シジュウカラ用に出入り口の穴を小さめに作った巣箱だけど、数年が経過して入り口の穴が少し広がったのか、スズメでも出入りできるようになったみたいだ。

続きを読む "今年の住人"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

トビシマカンゾウ

佐渡と飛島だけに自生するトビシマカンゾウ。
ニッコウキスゲの変種で、島の環境に適応したものだという。

ニッコウキスゲといえば、私は直ぐに7月後半の尾瀬を思いう浮かべるけど、島のトビシマカンゾウは海岸べりに自生し6月中旬頃に咲く。

Seoto2016060403
例年6月第二日曜頃が見頃らしいけど、今年はやはり二週間ほど早く見頃を迎えたとのことで、先週の土曜日に佐渡の外海府にある自生地の大野亀に見に行ってきた。

続きを読む "トビシマカンゾウ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »