« 山のお花見 | トップページ | 2016 キョロロ~♪ »

2016年5月13日 (金)

山のお花見 その2

さてさて、前回の続きです。

Seoto2016050614
ちょっと上りようやくまだ見ごろの花が出てきたシラネアオイ。
シラネアオイは一科一属一種というとても珍しい植物で、新潟の山にもチラホラあったが、ここみたいに登山道脇にずっと咲いている姿は初めてみた。

薄紫色の可憐な姿は森の新緑にとても似合い、新緑の薄緑、シラネアオイの薄紫に包まれていると時がたつのを忘れさせてくれる。
Seoto2016050615
鳥の声に耳を傾け、道端の花を愛で、ゆっくりと、時には立ち止まて超スローペースで登って行く。

Seoto2016050618
登山口からずっと道端を彩っているのはニリンソウ。
ときおり、黄色の花も目に入る。

Seoto2016050617
エチゴキジムシロの鮮やかな黄色とオオイワカガミの薄桃色。

Seoto2016050626
枝の先ではキビタキが囀る。

Seoto2016050627
聞こえる音はオオルリとキビタキの囀り、あとは登山道下を流れる沢の瀬音。

Seoto2016500802
登山道を横切る小さな沢筋にはシャガの花が。

Seoto2016050611
自分としてはどちらかと言うとシャガよりもヒメシャガのほうが好きなのだが、こんな森の中で見るシャガの姿も華やかでいいかもね。

Seoto2016500803
超のんびり歩いたものだから、ガイドに記された第1ポイントに着いたのが2時間近く過ぎた時だった。

Seoto2016050619
ガイドでは登山口から第1ポイントまで40分とある・・・。
あぃゃ〰 ( ̄○ ̄;)!  このままじゃ上まで行って戻ってくるには時間が無いな・・・それにこの先から急登になるし、シラネアオイも見たし・・・

・・・ということで、普段からの自分のスタイル「高みを目指さない山登り」はここで引き返すことに即決定m9(^Д^)プギャー

そうなればもっとゆっくりだねと、超大休憩のコーヒーブレークの後、今来た道をルンルンと下り始めたのでした。

登山レポートが全く無くて・・・m(. ̄  ̄.)mス・スマヌ 〰 完 〰

Seoto2016050633_2

|

« 山のお花見 | トップページ | 2016 キョロロ~♪ »

Ⅲ野の花」カテゴリの記事

Ⅰ夏鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
シラネアオイが道の両脇に続いていて、とても贅沢な登山道ですね。
お花を見ながら歩くと 写真撮ったりでゆっくりになりますね。
最初から コースタイム通りは難しそうじだなぁ と思ってましたよ~
メインは山登りじゃないから ゆっくり自然を楽しめて良かったですね。

シラネアオイ 美しいお花ですね(・∀・)イイ!
緑の中の沢筋の眺めも好きですヽ(´▽`)/

全然関係ない話で恐縮ですが、佐渡って和太鼓が有名なんですね。
太鼓をたたかせてくれる場所もあるらしいです。

投稿: zucca | 2016年5月14日 (土) 22時08分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
そうなんです。ガイドのコースタイムはあくまで参考!
キョロキョロよそ見したり、鳥待ちしてちゃ時間通りにはいきませんよね〰。
でも、シラネアオイを始め沢山の花を楽しめましたし、初夏らしい囀に満ちた森は最高でした。

おぅ?太鼓お好きなんですか?
佐渡は「鬼太鼓」(おんでこ)と呼ばれる鬼のお面をかぶって勇壮に太鼓を叩く伝統郷土芸能が各地区毎にあり、春の地区の祭りではどこでも行われています。
また、「鼓童」(こどう)というプロの太鼓集団の本拠地が小木という場所にあり、日本はもとより世界で公演しているようですよ。けっこう有名だからzuccaさんもテレビで見たり聞いたりしたことあるんじゃないですか?

投稿: せおと | 2016年5月14日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山のお花見 その2:

« 山のお花見 | トップページ | 2016 キョロロ~♪ »