« 枝の上のお地蔵さん? | トップページ | 夏遠征 〰尾瀬を歩く〰 »

2015年7月12日 (日)

夏遠征 〰渓流釣り〰

夏遠征で撮った写真の整理もほぼ終わり、これからしばらく遠征ネタで食い繋いでいきますのでよろしくお願いします。(^-^;

まずは、遠征初日の渓流釣りから。
昨年は、なんだかんだで一度も釣りに行けなかったので、まる二年ぶりの渓流釣りとなった。

Seoto201570608_2
ここは2011年に集中豪雨で渓の様子が一変したところ。
あれから4年が過ぎ、渓魚も元の様子を取り戻しつつあるようだ。

久しぶりの釣りに、どんな奴が出てくれるのかワクワクし、水深があって良さそうなポイントに第一投。

Seoto201570609_2
すぐさま来たのは20センチほどの綺麗なヤマメだった。
ヤマメらしい体高で美味そうなんだけど(^-^;、もう4〰5センチ大きければな・・・と写真を撮ったあとにリリース。

Seoto201570603_3
それからポイントごとに出るのは、みんな20センチ前後のヤマメばかり。

Seoto201570610_2
どこぞの山の茶屋などで、「ヤマメ定食」なんかで出てくるのは、だいたい18センチ程度のヤマメ。
20センチあればそこそこまともな定食にはなるけれど、まぁ、今回は久しぶりだし、もうちょっと大きくなったら再会ね!

ここはイワナも出ましたよ〰。30センチ程度のキープサイズが!
でもですね・・・取り込み直前にハリス切れで・・・ハイさようなら〰 (泣)
ちょっと釣テクが鈍ったかな?┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

写真に残せたのはこいつだけ。

Seoto201570611_2
メチャちびの1才イワナ。
あまりの小ささに苦笑い・・・むろん写真撮った後はお帰りいただきました。

2011年の水害から4年。
濁流に削り取られた川岸の森はまだまだ復活することは無いけれど、河原の様子は渓流の様相を取り戻しつつある。

Seoto201570612_2
ここは、水害から1年後の2012年に行った時に撮った写真と同じ場所。
当時のブログの最後から3枚目の写真見比べれば、左岸に高く堆積していた砂も消え、石の河原が復活している。

濁流に森ごとすべて剥ぎ取られ丸裸となって露出した岩盤も、岩の窪地に土が溜まり、そこには数センチほどの小さな木の芽が根付いていた。
渓畔森が復活するのは数十年・数百年とかかるのだろうけど、そんな小さな木の芽の根付きを見ると、ゆっくりとだけど森の再生が始まっているんだなと思えた。

|

« 枝の上のお地蔵さん? | トップページ | 夏遠征 〰尾瀬を歩く〰 »

Ⅵ渓流釣り」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!
久々の渓流釣り 楽しまれたようですね。
私も 渓流の景色と共に楽しませて頂きました。
キープサイズの岩魚 残念でしたね。
集中豪雨の後 川の中も岸辺の自然も
ゆっくりながら回復の兆しが見えて良かったです。
自然は力強いですね、教えられます

夏遠征シリーズ 楽しみにしていま~す。

投稿: zucca | 2015年7月12日 (日) 22時10分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
ハイ!2年ぶりの渓流釣りで、キープは無かったけどのんびり竿を出せただけで十分楽しめました。
でも、逃げたイワナがね〰・・・あのサイズなら刺身いけたのでちょっと残念かな?ヽ(´▽`)/

岩盤に根付いた小さな木の芽。自然の回復力を垣間見たような気がします。
まるで、映画「もののけ姫」のラストシーンが何年もかけてゆっくりと進んでいるような。そんな感じを受けました。

この先、「花編」・「鳥編」・「酒編Σ(;・∀・)エッ?」と続くかも知れませんが、しばらくお付き合いくださいね。m9(^Д^)プギャー

投稿: せおと | 2015年7月13日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏遠征 〰渓流釣り〰:

« 枝の上のお地蔵さん? | トップページ | 夏遠征 〰尾瀬を歩く〰 »