« 里山のお馴染みさん | トップページ | 初冬の高原 »

2014年11月17日 (月)

里の彩

今日の気温は二ケタに届かず、すっかり初冬のたたずまい。
山の雪化粧もだいぶ下まで降りてきて標高8〰900mほどでも白いものが見えるようになってきた。

里山の公園も紅葉のピークは過ぎ、ハラハラと落ち葉舞う季節。
それでも、最後に残ったモミジが美しい。

Seoto01177
真紅、オレンジ、黄、緑が、最後の輝きを放つ。

Seoto01171
留鳥たちは木々の間を飛び回り餌さがしに余念がない。

Seoto01173
同じモミジでも個体差が大きく色の違いが不思議だ。

Seoto01161

階段を彩る落ち葉が美しい。

Seoto01176

公園のモミジは人工的に植林されたもの。
見た目には派手で美しいけど、自然の佇まいの美しさとはちょっと違うと思うけど、まぁ、それはそれで楽しませてくれる景色として良しとしましょう。(^-^;

Seoto01167
林縁のイチョウの木は既に大部分の葉を落とし、ギンナンが熟れごろ。

Seoto01165
誰も採らず熟れた柿の実にはヤマガラがやってくる。

Seoto01166
硬い木の実だけを食べるのかと思いきや、熟れた柿の実をかなり長い時間啄んでいた。

Seoto01164

さぁ 紅葉の季節もそろそろ終わりだね。
お山の雪を見ると、そろそろスタッドレスタイヤに替えなきゃいけないかな?

Seoto01163

|

« 里山のお馴染みさん | トップページ | 初冬の高原 »

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
見事な楓の紅葉ですね、写真も美しいです(・∀・)イイ!
階段を彩る落ち葉も自然の芸術ですね♪

ヤマガラも柿を食べるんですね~、初めて見ました
珍しいシーンを見せていただきヽ(´▽`)/サンクス

熟した銀杏はヤバシ、傘をさして通り抜けなくちゃ
誰も収穫しないんですね。
こちらではスーパーのレジ袋一杯に持ち帰る人もいますけど、帰ってからが大変そう

投稿: zucca | 2014年11月19日 (水) 22時10分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
もう里山の公園でも紅葉は終わりです。
落葉が始まると瑞々しい落ち葉で地表も美しくなりますね。

ここの柿の木は、ヒヨドリ、ツグミ、メジロ、シジュウカラ、シロハラ、アオゲラなどいろんな鳥がやってきます。
ヤマガラはあまり見かけないのですが、この時は2羽でやってきていました。
鳥たちにしてみれば、さぞかしご馳走なんでしょうね。

ギンナンの爆弾はヤバいですね〰ヽ(´▽`)/
あの香しい臭い なんともね・・・( ̄Д ̄;;
ギンナンは好物なんですが、さすがに後処理考えると落ちてるのを拾う気になれません。

投稿: せおと | 2014年11月21日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里の彩:

« 里山のお馴染みさん | トップページ | 初冬の高原 »