« 初秋の尾瀬 その2 | トップページ | ノスリvsカラス »

2013年10月14日 (月)

夏鳥 いよいよ最後かな?

いつの間にかずいぶん日の出が遅くなったものだ。
午前6時過ぎ、雲一つない快晴の空にシルエットを見せる飯豊連峰大日岳の脇から太陽が顔を出した。

Dsc00020
早朝の気温は10℃を下回ったけど、今日は快晴となって気温も上がり、「体育の日」らしい良い天気になるとか。
そろそろ夏鳥の渡りも終る頃だと思い、最後の海岸林探鳥に出かけた。

陽が昇れば暖か陽ざしが心地よい。

Dsc00025
海岸線に沿って南へ帰る夏鳥たち。
そろそろコマドリも来ている頃なんだが・・・・

待つこと30分。
ひょこり出てきたのはオオルリの若様。

Dsc06915

オオルリは比較的早く渡ると思っていたけど、この時期でもまだいたのにはちょっと驚き。
今年生まれて、ようやく雨覆、風切羽、尾羽だけが瑠璃色に替わった若様。
色合いがアンバランスなオオルリだけど、これもこの時期だけ見れるものだから出会うと嬉しいものだ。ヽ(´▽`)/

お次は、高い枝にコサメビタキ。

Dsc06937
地味な鳥だから、青空バックもいいものだ。m9(^Д^)プギャー

オオルリ若様に続いて、

Dsc06959
オオルリかキビタキの女の子。

Dsc06964
嘴の形状から判断すれば、オオルリの女の子かな?
さっきの若様と、まさか親子じゃないとは思うけど、親子だったら面白いね。

あとは、定住者のウグイス。

Dsc06902
春先はあんなに美しい声で鳴きまくるけど、秋は ジッ ジッ と超ジミ〰。

いつも夏鳥の最後を飾るコマドリが出てくれない・・・ まだなのかな?
でも、今日、マヒワを見た。 冬鳥のマヒワ。
そろそろコマドリ来ないとこの森も冬鳥に占領されそうだね。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

|

« 初秋の尾瀬 その2 | トップページ | ノスリvsカラス »

Ⅳ鳥見雑感」カテゴリの記事

Ⅰ夏鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
海岸林は 行くたびに色々な出会いがあって、渡りの鳥達の良い中継地になっていますね。
オオルリの若も 秋ならでは、メスはこちらでも見られました。
多分そうだと思うんですが、嘴の形からもわかるんですねφ(・ω・ )メモメモ
今年 渡りの鳥たち ペースが遅いですかね。
埼玉にも喉の赤い野鳥が10日ほど遅れて到着のようです。

台風の後に .com だったらいいですね~(^o^)丿
ウグイスも 見てないなぁ

投稿: zucca | 2013年10月15日 (火) 16時11分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。

今の時期の海岸林は、どんな鳥と出会えるか判らないところが楽しいがあっていいです。(o^-^o)
オオルリとキビタキの雌は並んでいれば大きさで判りますが、単体だとちょっと難しいですね。
一般的には胸から腹部が一様に淡褐色ならオオルリ、汚白色ならキビタキと言われていますが、個体差も大きいのでこれが難しい…
それよりも、オオルリの上嘴は先端がモズのように少し下に下がっているので、これが確認できれば体色と併せて判断しています。

台風26号、明日朝が心配ですね。
関東地区は直撃もあり得るようですので、十分にお気を付けくださいね。

投稿: せおと | 2013年10月15日 (火) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏鳥 いよいよ最後かな?:

« 初秋の尾瀬 その2 | トップページ | ノスリvsカラス »