« 初夏遠征 その1 | トップページ | 初夏遠征 最終回 »

2013年7月 7日 (日)

初夏遠征 その2

さて、前回の続きです。

たっぷりと時間をかけて歩いた小淵沢田代。
大江湿原から200m弱登った標高1810mに広がる小さな高層湿原だ。
訪れる人もほとんど無く、湿原の真ん中には木道が一本だけ敷かれ、休憩できるベンチも無い。

ほんとうにここまで登ってくる間に出会ったのは、大江湿原から入ってすぐに一人だけ。

Seoto05267_2 誰もいないことをいいことに、自動シャッターで記念撮影 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

雲の流れが早いが、青空も覗くまずまずの天気。
木道の真ん中にドカッと座り、おにぎりのお弁当で昼食にする。

傍らには、大江湿原ではまだあまり咲いていなかったタテヤマリンドウが花を開き、

Seoto05256_2
コバイケイソウの白いゴージャスな花が満開。
Seoto05254
ワタスゲの白い花穂もこれからが盛り。
Seoto05253 

南側に開けた湿原の向こう側には、視界が良ければ遠くに日光白根山が見える・・・はずだったけど(ノд・。)、雲に覆われて残念。

Seoto05266

たった一つの池塘に写る青空は美しく、トンボでも飛んでいないかと木道に寝ころんでしばし観察。

Seoto05265_2

誰もいないことをいいことに、ここで1時間以上の大休憩。(木道の上でお昼寝?(ノ∀`) アチャー)
湿原の景色的には燧裏林道にある、上田代や横田代のほうが奇麗だと思うけど、やっぱりここは人がいないところが魅力かな?(・∀・)イイ!

訪れてみたかった小淵沢田代も堪能したし、2時前には湿原をあとにして、尾瀬沼への分岐を左に折れて下山開始。

相変わらず、コマドリの声も時々聞かれ、尾瀬沼近くではミソサザイも姿を見せてくれた。

Seoto05269
快調に下山し、3時前に今夜の宿、尾瀬沼ヒュッテに到着。
Seoto05276
尾瀬沼ビジターセンターの近くにある宿で、檜枝岐村が営業する宿。
到着後、早々に風呂で汗を流したあと、夕食まで近くをお散歩。
Seoto05275_2
尾瀬沼越しに見る燧ヶ岳には雲がかかり山頂は見えない。
今夜、降るような星空をたっぷりと楽しもうと思っていたのにね・・・・。

森では、亜高山帯のメボソムシクイがチョリチョリチョリと唄う。
Seoto05268

雲の流れが早くなったのを合図に宿に戻る。
夕食は5時からと早い。
1泊8500円、「山小屋」としてはこんなものかな?

Seoto05277_2

早めの夕食をすませたあと・・・・・ することが無い・・・・Σ(;・∀・)
まだ明るさの残る空はすっかり雲に覆われてしまい、今夜の星空は絶望的。(ノ_-。)

仕方がないので、持参したお酒の「ふな口菊水」をプッシュッと開けたのが悪かった。
歩いた疲れと、強いアルコールでいつしか
ハッキリとは判らないけど、まだ、空が明るかったから寝てしまったのは7時前頃かな?┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

~ つづく ~

|

« 初夏遠征 その1 | トップページ | 初夏遠征 最終回 »

Ⅲ野の花」カテゴリの記事

Ⅱ尾瀬」カテゴリの記事

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅰ夏鳥」カテゴリの記事

コメント

良い散策されてこられたようで!
コマちゃん2時間待ち…尾瀬メインなのに過ぎ行く人たちに怪しまれませんでした(笑)
コマちゃんもミソ君も尻尾立ててよいポーズですね~!
こんなに大きな湖があるんですね~
赤いのも沢山いそう!
尾瀬か~一回は行って置かないとな<行ったことないんです(笑)

投稿: ぽちじゃん | 2013年7月 7日 (日) 15時56分

ぽちじゃんさん こんばんは
コメントありがとうございます。
確かに尾瀬では鳥目当ての人はほとんど見かけませんね。
でも、今回のポイントは誰一人通っていく人がいなかったのでぜんぜん怪しまれずに済みました。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
湖は尾瀬沼です。
一口に「尾瀬」と言っても、尾瀬沼と尾瀬ヶ原に大きく分けられ、新潟・福島側から入る御池から近いのは尾瀬沼で、関東方面から入る人気コースの鳩待峠から近いのは尾瀬ヶ原になります。
赤いのですか? 残念ながら尾瀬では声は聞いたことはありません。標高がおおむね1600m以上になりますから、赤いのにはちょっと標高がありすぎるようですよ。
赤いのと言えば・・・・ 正直、焦ってきました。
これから最後のスパートかけなきゃいけませんね。(σ・∀・)σゲッツ

投稿: せおと | 2013年7月 7日 (日) 18時41分

こんばんは!
記念撮影 もうちょっと大きく写さなくっちゃ(^^ゞ
ひとりで行ったら 自分の姿は写せませんから、空いていて良かったですね。
タテヤマリンドウ 青い花びらにピンクの蕊が優しい色ですね(・∀・)イイ!

尾瀬はいつも長蔵小屋に泊まっていました。その頃に比べたら山小屋の料金も倍くらい(^^ゞ
チョリチョリチョリ 私も先日のプチ登山で 軽快な声を聞きました、メボソムシクイだったのですね(*^-^)
ミソッチも良い場所で歌っていますね~
尾瀬は 花とハイキングメインでしたが、今行ったら全然別の見方をしている事でしょうね、一度 沼山峠から入ってみたいです。
続きも楽しみ・・・♪

投稿: zucca | 2013年7月 7日 (日) 20時09分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
タテヤマリンドウは私の好きな花です。
まだ、ほんのちょっとばかり早かったようですが、それでも奇麗な花をいくつか見れました。
実は、尾瀬沼東岸で泊まったのは今回が初めてなんです。
いつもは尾瀬沼だけなら日帰りピストンですし、原まで行くなら見晴まで下って、見晴か山の鼻での泊まりでしたから、尾瀬沼東岸で泊まるのもメチャのんびりできていいものだな~って思いました。
デジスコ担いで尾瀬を歩くって、かなり異端児的なスタイルですが、木道から外れることができない分、木道から離れたところに咲く花を撮るにもデジスコは役立つんです。
花も鳥も虫も比較的楽にたっぷり楽しめる。 尾瀬はそんなところだと思います。

の記念写真をupしてしまいましたが、もうちょっと大きく写すとファンレターが殺到してしまいそうなので、このくらいで止めときます。スゥッ・・・(ーoー)y゜゜

投稿: せおと | 2013年7月 7日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏遠征 その2:

« 初夏遠征 その1 | トップページ | 初夏遠征 最終回 »