« コマミソ | トップページ | 梅雨入り »

2013年6月12日 (水)

凛とした森のホイホイホイ

ちょっと前の事であるが、サンコウチョウの林を訪ねた。
植林された杉の林ではあるが、周囲は落葉広葉樹の自然林が広がっている。
ここにはサンコウチョウ、オオルリ、キビタキなどの夏鳥達がやってくる。

Seoto04543
時々、キョロロロ・・とアカショウビンも山から下りては来るが、滅多に姿を見ないから、ここを訪ねるときは杉の梢を渡り歩くサンコウチョウに出会うのが楽しみ。

鳥たちのさえずり以外聞こえる音はなく、杉林特有の凛とした静寂に包まれ、真っ直ぐ伸びた杉の幹が美しい。
そんな、ある意味幻想的な森に響き渡る陽気なホイホイホイnote

Seoto04892

鳴きながら高い梢を渡り歩く長~い尾羽の雄。
なかなか近づいてはくれず、遠くの枝でやっと証拠写真撮影。
あの粘土細工のようなアイリングをDoUpしたかったけどな・・・・ (;´д`)トホホ…

一度だけ近づいてくれたのは雌のサンコウチョウ
Seoto04539
アイリングも小さく、尾羽も短いけど、オオルリやキビタキの雌などと比べれば、同じ種類の雌なんだと納得できる姿だ。
今頃は、この雌雄で営巣に入っている頃かも知れないね?( ̄▽ ̄)

ここは陽射しの届かない杉林なので、林床に咲く花も少ない。
でも、この花だけは毎年サンコウチョウが飛び回る頃になると花を咲かせる。

Seoto04541
フタリシズカ

薄暗い林床で、白い小さな花と、落ち着いた緑色の葉っぱだけの、なんて事のない、めっ・・・・ちゃ地味な花だかど、ひっそりと咲く清楚な姿に私は何故か心惹かれる。

凛とした杉の大木と、小さく清楚なフタリシズカに囲まれ、鳥の声をだけを聞きながらいつ来るとも判らない鳥を椅子に腰掛けジッと待つのも、ここでは楽しい時間。
ここにいると、いやなことも忘れて気分が晴れる。
森からもパワーをもらえるような気がするし、ここは私にとって、パワースポットなのかも知れないね?(*^-^)

さてと・・・、オオルリキビタキコルリコマドリサンコウチョウとも出会えたし、あと残す夏鳥と言えば ・・・・・・・ だね。( ̄ー ̄)ニヤリ

|

« コマミソ | トップページ | 梅雨入り »

Ⅰ夏鳥」カテゴリの記事

Ⅱ森の出逢い」カテゴリの記事

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
サンコウチョウではありませんか。
とっても可愛い仕種ですね。
長い尾の立派な雄 やっぱりイイですね。
メスは 若い雄と見分けにくいですけど、
アイリングが小さいんですね。

ウチの杉林のサンチャンたちも巣作りしていたので
遠慮して 暫らく行っていませんが、
私もサンコウチョウに会いたくなりましたheart04

今年は 青・黄・赤 順調ですね~。
残るheart 出会えると良いですねscissors
きょうはとっても暑かったようですね、水分補給お忘れなくbeer

投稿: zucca | 2013年6月12日 (水) 22時33分

cloverzuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
私もなんとかサンコウチョウに出会うことができました。
これで後は主役のご登場を待つばかりです。

サンコウチョウ探しもいいですね。
あの声聞いてると、心が軽やかになるようで・・・(*^-^)
そちらなら、そろそろ巣立ちの頃じゃないですか?
巣立ちを間近にすればもう安心。
巣立ち雛に出会ったら写真見せてくださいね。

投稿: せおと | 2013年6月13日 (木) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561451/57577797

この記事へのトラックバック一覧です: 凛とした森のホイホイホイ:

« コマミソ | トップページ | 梅雨入り »