« 久々のプチ遠征 その1 | トップページ | テレビの中からキョロロロロ »

2013年3月26日 (火)

久々のプチ遠征 その2

前回の続き~

静かな森を鳥たち探して彷徨っているうちに、いつしか低く垂れ込めた雲も流れ、青空も覗いてきた。

Blog01727

そんなとき、小さな鳥が数羽、少し離れた梢で餌探し。

エナガが数羽。
ジュルジュルジュル・・・と声を残して直ぐに何処かへ飛んでいってしまい、残念ながら枝かぶりでしか撮れなかったけど、今回初めて身近に出会った鳥だった。
Blog03077

太い幹にはゴジュウカラ。
登ったり降りたりしながら、樹皮の間に潜む虫を探している。
Blog03079
ゴジュウカラの声は比較的大きいから、静かな森にひときわゴジュウカラの声が大きく響く。

森を歩いているとき見つけた小さな巣。

Blog03086

雪上に無造作に転がっていた。
手に取ってみると掌にのる小ささだけど、器用に丁寧にお椀型にシッカリと組まれた巣になっている。

Blog03088
どこから落ちてきたのか判らないけれど、この小ささだとエナガやヒガラ程度の小さな鳥の巣なんだろうな。

気づけば、いつしかすっかり雲がとれ、青空が広がった。

Blog03085
スッキリと美しい景色にここで休憩。
何も敷かずに雪上に座り熱いコーヒーを入れる。
ちょっとばかり甘くしたコーヒーが美味い。

コーヒー飲み終え、仰向けに寝ころんでみた。
見上げる青空は澄み渡り、小さな雲が見上げる梢の間を足早に通り過ぎていく。

最高の気分に眠気も感じるが、さすがに防寒対策をしているとはいえ、硬く締まった雪上で直に寝るには・・・ ちょっとばかり寒いな。(^-^;

陽射しを浴び、すっかり暖かくなった雪面はちょっとばかりとけだし始めてはいるが、まだまだぶぶ厚い雪原歩きは楽チン楽チン。
Blog01728
道路標識を見下ろし、

Blog03089_2
グリーンシーズンでは決して立ち入ることのできない湿地の水辺を自由に歩き、気の向くままに誰もいない森を独り占め。

おそらく今シーズンは最後の雪の森歩きになるだろう。
鳥たちはあまり姿を見せてはくれなかったけど、反面、美しい自然の姿に心癒され、満ち足りた時間を持てた。
久しぶりのプチプチ遠征だったけど・・・ 今度はもう少し時間を作ってゆっくりと出かけたいね。

Blog03090

|

« 久々のプチ遠征 その1 | トップページ | テレビの中からキョロロロロ »

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
すごい雪~、まだこんなに残っているんですね。
雪を楽しんでいるせおとさんの姿を想像しますと・・・( ´艸`)プププ

この積雪でもエナガやゴジュウカラ・アカゲラなどは 留まって冬を越すのですね、
それだけの食料を確保できるのですね、エライ!

去年の巣にしてはきれい、今年の巣ですか?
苔などで分厚く作られていて
メジロの巣にしては立派過ぎるかな(^^ゞ

こちらは桜も咲いて春爛漫(ここのところ花冷えですが・・・)
雪の森の景色 私も楽しませて頂きました。

投稿: zucca | 2013年3月27日 (水) 22時18分

とても綺麗な林です、某所はまだ雪が一杯ですね!
降り始めの頃と違って歩きやすそうです。
<私は昨年行ったとき、埋まってましたし・・・>
エナガでしょうか?巣が落ちちゃってこれを拾い上げるだけの体はこの鳥さんにはないんですね~!
とても上手に作ってあるだけに残念だろうな^^
ここも春がもうすぐ(なんだろう)
<先週帰り道雪降っていました・・・>
雪上散策たのしそう遊びに行きたい!!

投稿: ぽちじゃん | 2013年3月28日 (木) 21時02分

zuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
ここは標高もそこそこある所なので、雪はまだまだ残っていますが、去年よりはずっと少ないようですよ。
雪国に暮らす者なのに、名残惜しうそうに雪を楽しむなんて、考えようによっては変わり者ですよね。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
でも、気分良かったですよ! 
何処でも、気の向くままに、何の苦労もなく歩けるなんて、この時期だけの楽しみですから!

落ちていた巣ですが、苔も青々としていたし、たぶん今年の巣ですね。
こんなに立派に作ったのに、なぜ落ちてしまったのか判りませんが珍しいものを見ることができました。

今年の桜は早いようですね。 こちらも周りの景色見ていると早そうな予感がします。
もうすぐ緑の芽吹きの季節。今度は花々ですね!

投稿: せおと | 2013年3月29日 (金) 22時04分

ぽちじゃんさん こんばんは
コメントありがとうございます。
ここは、お察しのとおりの某所です。
雪は表面から硬く絞まっていて、ぜんぜん足が沈まないんです。
長靴履いて歩きましたが、スニーカーでも問題無かったかも?

私も、エナガかヒガラの巣かな?と思います。
小さいけど、綺麗なお椀状の形で丁寧に編み込まれて作られていました。
ここまで作るにはそれなりの時間もかかったでしょうにね・・・

ブナの芽はまだまだ小さくほとんど判りませんが、あと1ヶ月もすれば一斉に芽吹くと思います。
この状況だと、ここではGWの後半頃が新緑とコルリを楽しむのに一番いい頃かな? な~んて考えながら歩きました。

投稿: せおと | 2013年3月29日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のプチ遠征 その2:

« 久々のプチ遠征 その1 | トップページ | テレビの中からキョロロロロ »