« 少し春めいて | トップページ | 久々のプチ遠征 その2 »

2013年3月24日 (日)

久々のプチ遠征 その1

久々に時間がとれたので、日帰りプチプチ遠征に出かけた。
もうすぐ消えてしまう雪の森を歩きたくて、日の出前の高速を飛ばした。

すっかり明るくなった頃に森に到着。
雲が低く垂れ込め陽射しは届かないが、気温は零度程度でそれほどの寒さは感じない。
積雪は70~80cm残ってはいるが、硬く締まった雪は雪上を難なく歩ける。

スノーシューなんてお洒落な道具は持ち合わせていないので、さっそくロングシューズ・・・(長靴のことであるヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ)に履き替え、森へ続く沼に足を踏み入れた。

Blog03080

グリーンシーズンは駐車場から沼の周囲をグルッと回って行くことになるが、今はぶ厚く?Σ(;・∀・)結氷している湖面を歩いて最短距離で森へ。

湖面を渡り終え森に入ると、硬く絞まった雪のおかげで予想以上に歩きやすくてGood(・∀・)イイ!

Blog03081_3
グリーンシーズンは遊歩道以外は歩けない湿地が広がる森であるが、今は全てがぶ厚い雪の下。
こんなチャンスは今だけとばかり、気の向くままに静かな森をあちらこちらと歩き廻る。
Blog03084
木々の根回りは雪解けの始まり。 こんな風景は木々の温もりをあらためて感じられて好きだ。

静かな森に響くキョッキョッキョッ・・・

Blog03076
立ち止まって見てみるとアカゲラが餌探しをしている。
Blog03075
小さな細い枝にも留まり、枝先にわずかに残った白い実を啄む。

Blog03082
数ある湖沼の中には結氷せずに水面を覗かせるものもある。
温泉とまでもいかなくても、湖底から暖かな水が湧き出ているのかも知れない?

そんな沼から流れ出る小川。
真冬の厳しい表情とはかわり、ちょっとばかり春の息吹を感じる優しい表情しているね。

Blog03083

次回に続く~ (*^-^)

|

« 少し春めいて | トップページ | 久々のプチ遠征 その2 »

Ⅲ自然」カテゴリの記事

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のプチ遠征 その1:

« 少し春めいて | トップページ | 久々のプチ遠征 その2 »