« 夏遠征 その1 | トップページ | 夏遠征 その3 »

2012年7月 7日 (土)

夏遠征 その2

さて、前回に続いてのお話。
コマドリを見たあと、いつもの定宿で宿泊。 
宿ではいつものように飲み過ぎるほど飲んで、でも、今回の遠征は鳥見道具と釣り道具持っての欲張り遠征だから、二日目は日の出から渓流釣りと決めていた。
ここで飲むと不思議に二日酔いしないから不思議だ・・・

午前4時に目覚め、釣り支度をして宿を出たあと、近場のポイントで入渓。
ここは昨年7月29日から30日にかけて、100年に一度と言われる豪雨に襲われ、渓の状況が一変してしまった川。
毎年2~3回は釣りに訪れていたから、渓の景色は隅々まで覚えていたつもりではあるが、今回入渓してみて言葉を失った。
P7031785_2

渓は考えられないような変わりようで、直径数メートルはあろうかと思われる巨大な岩さえ元の場所に見あたらず、代わりに見たことのない巨岩がチラホラと・・・。

宿のマスターから、このところ釣りは厳しいとは聞いていたが、このありさまではそれも頷ける。
でも、水色はほどよい色合いで、底石もポイントを選べば適度に配置されている。
去年の災害からもうすぐ一年になる。
一度災害に見舞われた渓の魚が元の状態に戻るまで3年はかかると言われているけれど、この美しい水色見てると、ダメもとでもいいから釣ってみたいと気を取り直し、早々に良さそうなポイントに針を入れてみた。

まもなくアタリがあって釣れてきたのはハヤ。
ここの川では避けて通れない外道だけど、ひとまずハヤでも魚が戻っていたことに一安心だ。
ハヤはむろんリリースし、次のポイントを探ってみると、クッ!と押さえつけるようなアタリ。
すかさず合わせるとグッ重みが増し、深い淵の底から暴れながら上がってきたのは28cmのイワナだった。
おぉぉ~!ダメかと思っていたけれど、まずまずのサイズのイワナが出てくれて嬉しいね。
このイワナは今晩のおかずとしてキープし、次に少し流れのきついポイントに仕掛けを入れ、仕掛けが流れに馴染んだ頃にまたまた、グッ!とアタリ。
流れの中から暴れながら上がってきたのは27cmのヤマメだった。

P7031793

同じポイントでまずまずの型のイワナとヤマメ。
近頃、イワナ釣りばかりしていたから、美しい良型ヤマメが出てくれるとうれしさも倍増だ。

次にポイントを少し移動して、これまた良さそうな淵で流れの尻に仕掛けを沈めてやると、ガツン!と大物のアタリ。
クッと竿を合わせると、魚は一気に下流へ走った。
このアタリは大物ヤマメのアタリだ。
竿を大きく曲げて淵の底で暴れる奴をいなしながら徐々に浅瀬に誘導し、ようやく姿を見せた魚は銀色に輝く美しい大ヤマメだった。

P7031796
サイズを測ってみると35cm。
すっかり銀化してヤマメ特有のパーマークは消えてはいるが、ヤマメらしいスマートな体型が美しい。
今期初、尺超えの登場に思わず一人でガッツポーズ!
災害後の状況を心配していたがまずはホッとした。

P7031787

今回の遠征の二つ目の目的「尺イワナを釣る」は、「尺ヤマメ」に変わったけど、私としては嬉しい方の誤算。 

まだ釣り初めてから2時間ちょっとしか過ぎていないけれど、思いがけずに28cmイワナ、27cmヤマメ、それに35cmヤマメの計3尾をGetできたから、今夜、宿で食べる分にはもうこれで十分だし、そろそろお腹も空いてきたので、これにて今回の渓流釣りは終了。

午前7時過ぎに竿をたたみ、朝食を食べに宿に戻った。

朝食後は・・・・ 次回に続く~

|

« 夏遠征 その1 | トップページ | 夏遠征 その3 »

Ⅵ渓流釣り」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

コメント

 福島って禁漁の川だらけになってしまい、とうとう只見も支流含むすべてが禁漁なってしまいましたね。
 福島にて渓流ができない状態かと思われますが、大丈夫なのでしょうか?
 

投稿: こっぱぐれ | 2012年7月 7日 (土) 12時37分

こんにちは!
コマドリに続いて 2つ目の目標も早々クリア おめでとうございます!
それにしても 大きなヤマメやイワナですね(v^ー゜)ヤッタネ!!
豪雨の被害があったにもかかわらず、お馴染みのポイントに早々と魚達が戻ってきてくれてよかったですね!
今回も楽しく読ませていただきました(・∀・)イイ!
一番下の写真 綺麗な水の色ですね♪

投稿: zucca | 2012年7月 7日 (土) 15時09分

こっぱぐれさん はじめまして
只見で支流を含めて全て禁漁とは初めて聞きました。
そこでちょっと調べてみましたが、確かに只見の一部地域では全魚種禁漁、一部ではハヤなどが禁漁になっているようですね。
でも、私が釣ったところは只見よりずっと上流ですし、ここでは制限はかかっていません。
事実、その日に「日釣り券」(1,000円)を購入して釣りをしましたから、全てが全て福島で渓流釣りができないというのは思い違いではないでしょうか?

投稿: せおと | 2012年7月 7日 (土) 18時22分

zuccaさん こんにちは
コメントありがとうございます。
そうなんです! 二日連続で目標クリアー!!
実は・・・三日目も三連発!!!だったのですが、そのことはまた後日に・・・(*´v゚*)ゞ

渓を見たとき、こりゃダメだ・・・と思ったのですが、昔と変わらず魚が出てくれたのにはホントに嬉しかったですね~。
ただ、いつでも大物が出るなんてことはありませんし、3日間坊主!っていう事もありましたから、今回は超ラッキーだったかな?

まぁ、今回は恵まれましたが、ここでは魚が釣れても釣れなくてもいいんです。
美しい自然の中でのんびり糸を垂らせれば満足なんです。 ここは私にとってそんな渓なのです。

投稿: せおと | 2012年7月 7日 (土) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏遠征 その1 | トップページ | 夏遠征 その3 »