« 緑の中の青い鳥 | トップページ | 素敵な鳥見 »

2012年6月19日 (火)

自然界の知恵

土日がちょっと忙しすぎて・・・遊びが・・・ 続きが遅くなったけど、前回の続きを・・・(^-^;

標高約1000、急な斜面を登り切り、やっと森を抜けると・・・・ 
そこは、だだっ広いスキー場の駐車場だった・・・ ( ゚д゚)ポカーン

ありゃま・・・ロマンが無くて m(. ̄  ̄.)mス・スマヌ
舗装のされていない駐車場の真ん中を歩いていたら、何やらチョコチョコ動き回る鳥がいる。

チョコチョコ・・・っと歩いては立ち止まり、そうかと思うと羽を広げてこちらに見せている。
Img_4968_2
デジスコで確認してみて驚いた。
コチドリだ・・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

コチドリと言えば、ずっと下流の河原に生息しているイメージなんだけど、こんな高地の河原でも無いところにいるのsign02

こちらが少し近づけば少し離れて、またまた羽を広げている。
ありゃ?これは擬傷のポーズみたいだな・・・。

Img_4875
擬傷とは、わざと傷つているような姿を見せて、敵の目を自分に引きつけ、近くの巣を守るためにする親鳥の行動だ。

そう思って辺りを見渡すと・・・ いた・・・
案の定、親鳥と反対方向に小さな綿毛のような物体2個が草に見え隠れしながら小走りに遠ざかっている。
写真は撮れなかったけど、どうも雛らしい。
( ^ω^)おっおっおっ やっぱりね。

親鳥は、その間もずっとこちらに向かってアピールの繰り返し。
そのうち、距離約20mくらいを保って私の周りを回り始め、時折、擬傷を繰り返す。

いやぁ~ けなげな親鳥の知恵と姿。 できれば雛の姿も撮りたかったけど、これは早々に立ち去った方がいいなと思い、親鳥の擬傷を横目にこの場を離れた。
前回のオオルリといい、このコチドリといい、今が鳥たちの子育てシーズン。
人と同じように親鳥も子供を守るために精一杯頑張っているんだね。

高地を降り、最後に立ち寄った標高300mほどの小さな湿原。
ここでは、虫と花見物。
Img_1372なにトンボ?
調べても判らないので省略・・・Σ(;・∀・)

蝶々もたくさん飛んでいたけど、さっぱり留まってくれないので写真は撮れず。
やっと動かない蝶を見つけた。

Img_1379
おぉ!シックな黒と赤い斑点がオシャレだね~。
Img_1377
お腹の色がちょっと毒々しいけど、まずは綺麗な蝶が撮れたと喜んで帰ってきたけど、家に帰って調べてみたら、どうもこいつは アゲハモドキ  という「」らしい・・・
なんたること・・・・ Σ( ̄ロ ̄lll)
これも、体の中に毒を持つジャコウアゲハに擬態しているらしい。

蝶だと思ったのに蛾でした。(;´д`)トホホ… これもまた、生きるための知恵?
今日は、擬傷、擬態と、自然界の生き物にだまされることが多いな・・・。\(;゚∇゚)/

では、最後はだまされることのない清楚な花で締めくくり。
湿原では黄色いニッコウキスゲが花を開きはじめ、

Img_4982
林縁ではヒメサユリも花を開きはじめた。
Img_4974
本名はオトメユリと言うらしいが、こちらではヒメサユリが一般的。
飯豊連峰など、新潟・福島・山形などのごく一部にしか群生しない花だ。
うす桃色が綺麗な清楚な百合の花。

ユリ科の花が咲き出すと、もう、本格的な夏も目の前だね。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

|

« 緑の中の青い鳥 | トップページ | 素敵な鳥見 »

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

Ⅲ野山の出逢い」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
コチドリの雛・・・私は写真でしか見た事ありませんが モコモコしてて可愛いですよね~。
親鳥の擬傷は健気ですね。
巣立ち雛を守る為に 一番神経質になっているときですね。
今夜は台風 大丈夫かな、ちゃんとやり過ごす知恵を持っているでしょうね。

トンボは サナエトンボの仲間だと思います。
サナエトンボの見分けはいつもこちらのHPを利用させていただいてます。
http://www.odonata.jp/03imago/Gomphidae/index.html)
せおとさんも 時間が出来たら覗いて見て下さい。
そのHPで見てみると 翅胸前面の斑紋や尾の先が黒い事などから ヒメクロサナエ かな?

蛾はアゲハモドキだったのですね プ
モドキ だけあって そっくりですよね、私もアゲハモドキにはぬか喜びさせられます。
擬態の知恵もすごいですよね、

花も・・・アブナイですよ~、きれいな花には・・・(^^ゞ
姫小百合 清楚ですね~、吉永さんにピッタリです。
ニッコウキスゲも咲きだして夏ですね、写真もとっても素敵です(・∀・)イイ!
呼んでますね~、はるかなozeloveletter、長々とコメントすみません(^^ゞ
せおとさんも typhoon気をつけて下さいね。

投稿: zucca | 2012年6月19日 (火) 20時23分

追 トンボのHPのリンク先 クリックすると エラーになってしまいました。
URLの末尾の カッコ が余分でした。スミマセ~ン
もう一度 URLを・・・
http://www.odonata.jp/03imago/Gomphidae/index.html 
(神戸のトンボ HPです)

投稿: zucca | 2012年6月19日 (火) 20時30分

cloverzuccaさん こんばんは
すっかりRE遅くなってスミマセン。
台風被害ありませんでしたか? 
私は台風関係で昨日からずっと職場に缶詰になっていましたが、こちらへの直撃は免れたのでホッとしていますが、あのコチドリの雛は大丈夫だったのかちょっと心配になりますね。
トンボ、調べていただき感謝感謝です。
あまりに種類が多すぎて、ちょっと調べたのですが、まぁ・・・いいっか?!と止めてしまいました。
トンボの見分け方がわかりやすいサイトですね。
お気に入りに追加して今度使わせてもらいます。

綺麗な花には毒がある・・・ですか?
ん~ん・・・ 綺麗な花なら許しちゃうかな?ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

あいゃ~ はるかなozeと来ましたか! すっかりお見通しですね。
そうなんです。呼んでいるんです。
だから来月初めに行くつもりなんです。(・∀・)ニヤニヤ

投稿: せおと | 2012年6月20日 (水) 22時17分

こんにちは。いろいろとキレイな鳥の撮影をなされておりますので、毎回拝見させていただいております。
 ここでちょっとお伺いしたいのですが、随分と鳥がはっきりと撮影されておりますが、使用されているカメラと、レンズをお教えいただければーと思いますが、ご教授願えませんでしょうか?
 またアカショウビンは栃木では見られなくなってしまい、久しいです。
 アカショウビンの撮影は、せおと様はどの辺で撮影されていますか?お教え出来る範囲で結構ですので、どうぞよろしくお願いします。

投稿: もっくん | 2014年6月10日 (火) 13時41分

cloverもっくんさん はじめまして
コメントありがとうございます。

私が使っている機材はデジスコシステムですが、細かい機材の内容はプロフィール欄にUPしてありますので、こちらをご覧になっていただければと思います。

また、アカショウビンについてお尋ねですが、大変申し訳ありませんが、アカショウビンに限らず野鳥の撮影地についてはお伝えすることはできません。
ネット上では野鳥の居場所は「聞かない・明かさない」がルールと認識しておりますのでご了承のほどお願いいたします。

投稿: せおと | 2014年6月11日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑の中の青い鳥 | トップページ | 素敵な鳥見 »