« 早くも青い子やってきた! | トップページ | フキノトウとノビ太君 »

2012年4月20日 (金)

雪割草咲いた

前回17日に雪割草を見に行ったのだが、帰りに立ち寄った森で思いがけないオオルリとのご対面で本末転倒。 すっかり雪割草が後回しになってしまったね。(^-^;

では、本来の目的の雪割草がどうだったのか・・・

Img_3608

咲いてましたよ~ (*^-^) 

例年、4月第一週目には咲く雪割草だが、さすがに今年の開花は遅く、いつもならほぼ終わっている頃なのに、今年は今が満開だ。

Img_3609
園芸の世界では、ミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウを総称してユキワリソウと呼び、本来の「ユキワリソウ」は亜高山帯に咲く別の一品種の名前ではあるが、雪国に暮らす者としては春の風物詩であるこの花のことは、やっぱり「雪割草」と呼びたいね。

Img_3603

長い冬が終わり、雪が消えた地表に一番最初に鮮やかな色彩を放つ小さな花。
花弁の形や色彩がさまざまで、一つ一つの花をじっくり見るのも楽しい。

Img_1191_2 Img_1202_2

Img_1199_3 Img_1196_2

Img_3600_2 Img_3605_2

当地でも桜が満開になりつつある。
遅い春の訪れだったけど、小さな野の花が一斉に花開き、春は足早に通り過ぎていきそうだ。

Img_3606

|

« 早くも青い子やってきた! | トップページ | フキノトウとノビ太君 »

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

コメント

色とりどりの雪割草 きれいですねlovely
気のせいか こちらで見るのより 色が鮮やかな気がします。
やはり自生地で見るのが一番ですね(・∀・)イイ!
可愛い雪割草 沢山見せていただき、楽しませていただきました(^o^)丿サンクス
私も 雪割草 と呼ぶのが好きです。

投稿: zucca | 2012年4月20日 (金) 21時45分

cloverzuccaさん こんばんは
コメントありがとうございます。
ちょっと見に行くのが遅すぎたかな?と思いましたが、斜面を登っていくとチラホラ花が見えてきてホッとしました。
今まで色のない世界でしたからこんな鮮やかな花見ると、思わず顔がほころびます。

やっぱ、雪割草 ですよね~。(/ ^^)/アリガトネ

PS:エイヤァースミレ鑑定士・・・ ボロが出てm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
でも、懲りずに・・・フモトスミレorケタチツボスミレsign02 エイヤァー (ノ∀`) アチャー

投稿: せおと | 2012年4月20日 (金) 22時05分

スミレ鑑定 ありがとうございます。
ゲンジスミレ 初耳で、一つ賢くなりました。
ケタチツボスミレというのもあるのですね。
調べてみますね。
ゲンジスミレを検索中に見つけた「ヒナスミレ」も いい線いってる気がするのですが、
スミレ博士 いかがでしょう?

投稿: zucca | 2012年4月20日 (金) 23時54分

雪割草の写真ありがとうございます(^_^)
今年もこんなにキレイに咲いてくれたんですね。

いろんな色 いろんな形で楽しませてくれますね。

投稿: カコキ | 2012年4月21日 (土) 01時01分

cloverzuccaさん
ヒナスミレ、いい線いってるかも知れませんね。
葉っぱの先端は尖っていたんでしょうか?
それなら基部の湾入が重ならないところがポイントでビンゴかも知れませんね。(゚▽゚*)

投稿: せおと | 2012年4月21日 (土) 17時53分

cloverカコキさん こんにちは
コメントありがとうございます。
今年はちょっと遅かったけど、かわらず咲いてくれました。
雪割草は、同じようなところから色や花弁の形が違う花が複数咲くこともあるので、一つ一つの花を見比べるのも楽しいです。

今日、同じ場所をもう一度訪ねてみたのですが、わずか4日の間にすっかり花は少なくなっていて、前回が最後のチャンスだったようです。
何とか間に合って良かったです。(^-^;

投稿: せおと | 2012年4月21日 (土) 17時59分

まいりました~~

これが自然の中の本物の美しさなのですね♪
様々な色があり、また可憐でなんと愛おしいこと!
やはり、こうでなくっちゃね!

ショウジョウバカマも、下界のものとは違いますね。
品があります♪

わたしは、ミスミソウ派です~^^

というのは、父によると、地方によって、春早くに咲くショウジョウバカマとか、福寿草を雪割草と呼んでいるところがあるんですって。
それに今、世間一般はほとんどすべて雪割草と言っているので、あえて、こだわって、ミスミソウ、と言ってみています。笑

投稿: ibuhato | 2012年4月21日 (土) 23時29分

cloveribuhatoさん こんばんは
コメントありがとうございます。
ちっちゃな花ですけど、可憐で清楚、でも逞しい。
そんなところに惹かれてしまいます。
色もけっこうハデだと思うのですが、自然の色は浮き立つことなく風景になじむところが不思議ですね。

投稿: せおと | 2012年4月22日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早くも青い子やってきた! | トップページ | フキノトウとノビ太君 »