« 野遊び小話 | トップページ | 雪ジョビ »

2012年1月25日 (水)

雪ミヤマ

この冬一番だという強い寒気が入り、当地では大雪警報が出されていたが、朝起きてみるとやっぱり積雪約10cmで雪も降り続いている。
一瞬どうしようかな?とは思ってはみたが、行こうと思っていた場所が雪雲から外れている場所だとわかり、ボサボサ降る雪の中をお山目指してダメもとで出撃

雪の中をゆっくり車を走らせると、やがて雪も止み雲をとおして薄日すら射し込む天気となった。
目的のお山に着いてみると、さすがに夜間にふったらしい新雪が20cmほどつもり、冬枯れの木々も白い雪化粧となって美しい。
Img_0182_s_2山に着き、ほとんど車の通らないいつもの道をゆっくりと車を走らせていると、前方の道路際に2羽の小鳥が餌探ししている。

車を止め、双眼鏡で確認したら、ヽ(゚ω゚ )ノ おぉぉぉー 今シーズン初見のミヤマホオジロではないか。
逢いたかった鳥の思いがけない御登場にすぐに車を寄せて止め、デジスコ取り出し撮影モードへ。
Img_17972_s黄色いモヒカン頭のミヤマホオジロ。
雌は地味な色だが、雄の黄色は美しい。Img_1712_s森が雪に覆われ餌が取れなくなったと見え、2羽が除雪車が通って一部路面が出た道路脇で盛んに餌の種子を啄んでいる。
よく見ると2羽とも黄色の頭が綺麗な雄のミヤマホオジロ。
Img_1728_s頭を隠せばただのホオジロそっくりΣ(;・∀・)であはあるが、ミヤマの美しい黄色い頭は雪の森に美しく映えるな。
Img_18042_sお食事中にお邪魔してしまったので、クチバシに種子が付いた姿が微笑ましい。
この鳥はカシラダカなどに混じっていることもあり、夏場はどうか判らないが冬場の旅先では雄同士でも縄張り争いなどせずに仲良く暮らしているんだね。(* ̄ー ̄*)
Img_1816_s

道の脇を流れる渓流を見れば、河原の石が白い雪の帽子を被ったようで面白い。
Img_0184_s
高い斜面の木にうごめく動物。ニホンザルだ。 
2頭で寄り添い、毛づくろいしているようだ。サルも雪が積もって餌探しに困るだろうけど、今年は木の実がまだ残っているから、寒そうだけどこの程度の雪ならまだ大丈夫だろうな。
Img_1819_s

一面白い雪に覆われた森。
寒さ対策のブクブク着膨れ状態で森を歩くにはちょっときついけれど、美しい静寂と景観がそこにはあるし、鳥や動物たちも見つけやすく、雪の森ならではの出会いも待っているから、雪が降ると森に出かけたくなってしまう。
吹雪だとε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…だけどね。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

その他のは次回に続く~・・

|

« 野遊び小話 | トップページ | 雪ジョビ »

Ⅰ冬鳥」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~い、待ってました!の風景です
雪の中のミヤマホオジロ きれい!雪の森ならではですね(・∀・)イイ!
雪がないと地面に紛れ込んで目立ちませんし、写真写りもイマイチで悲しいものがあります(´Д⊂グスン
雪が降ると出かけたくなる・・・という気持ち、わかります!
こんなに素敵な出会いと 寒い中大変でしょうけれど 行った甲斐がありましたね
ニホンザルも微笑ましいですね♪
こちらでも雪が積もったので出かけたいけどノーマルタイヤ ザンネンです。

雪の中 機材の防寒対策もやはり必要なのでしょうね?
続きが待ち遠しいです

投稿: zucca | 2012年1月25日 (水) 22時02分

zuccaさん コメントありがとうございます
思いがけずにミヤマに出会いました。
このところ、あまりいい鳥見ができていなかったので、久しぶりのヒットでした。
雪は色んな物を隠してくれるので、絵的に構図を得やすいです。
大雪のつかの間の晴れ間、鳥たちも餌探しに一所懸命なようで意外と近くまで寄れたのも良かったです。

でノーマルタイヤはちょっとヤバイですね。
スタッドレス+四駆でもヒヤッとすること多いですからね~。\(;゚∇゚)/

機材の防寒対策は特にしていませんが、気温が下がると電池消耗が早まるので、交換電池だけは余分に持って行くようにしています。
他は、雪に対する防水対策ですね。まぁ、対策と言ってもビニール袋をカメラユニットに被せているだけですけど、機材的にはこれで十分。それより人間の防寒対策が一番重要かな?
鳥見に行って凍死!な~んて、バカヤロー!って言われるだけですからね。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 

投稿: せおと | 2012年1月25日 (水) 22時24分

ミヤマホウジロ、チョー、かわいいです~♪
いちいち、クリックして拡大して見ています♪
モヒカン刈りそのものですね。
雪の白がやはり、野鳥をひきたててくれますね。
オスどおし、ということもあるんですね~?
今、こちらでは、シジュウカラのオスどおしがバトルを繰り広げています。
そのうち、アップしますね。


サルまでいるんですね?

わたしはぬくぬくとお部屋の中にいたまま、せおとさんの臨場感あふれる寒さの中の鳥たちを見られて、申しわけない感じです~

雪山の鳥見、ほんとうに、気をつけてくださいませネ。

投稿: ibuhato | 2012年1月26日 (木) 17時46分

ibuhatoさん コメントありがとうございます。
ミヤマホオジロいいでしょ?ハデなモヒカン頭がチャームポイント! 私の好きな鳥の一つです。(*^-^)
渡ってくる冬鳥でも単独で暮らす鳥はいますが、群れで暮らす鳥も多いようですよ。 厳し冬は助け合って!ってところでしょうか?
サルですか?・・・・極々、普通~にいます。\(;゚∇゚)/
雪山の鳥見は「好き者・変わり者・大バカ者」にお任せあれ

投稿: せおと | 2012年1月27日 (金) 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野遊び小話 | トップページ | 雪ジョビ »