« 鳥見納め | トップページ | 迎春 »

2011年12月30日 (金)

本年もありがとうございました

今年も残すところ後1日。
なんか、毎度毎度せわしない年の瀬だが、そう言いながら前回の写真整理をのんびりやっている自分って、余裕?orお気楽?┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
まぁ、そんなこと、どっちでもいいから、今年のことは今年のうちに!と言うことで前回の続き続き・・・。o(*^▽^*)o

朝7時前、日の出直前の観察小屋屋上にカメラセットし、水鳥たちが活動をはじめるのを待つことに。
気温は零度。風はないが時折静かに舞う雪に身体が芯から冷える。
ようやく、雲間から朝日が射し込むと、湖面は黄金色に輝き、朝日に照らされ舞い落ちる雪も美しい。
Img_0979_s

7時半過ぎになると、岸辺のねぐらにいたコハクチョウやオオヒシクイが湖面に出てきて活動が始まる。

Img_0982_sコハクチョウはグループごとにまとまり、盛んに羽を広げたりして離水の準備運動。
Img_1063_s静かだった湖面はコハクチョウの鳴き交わしが始まると、途端に賑やかになる。

コハクチョウばかりに気をとられていたら、遠くの水辺でオオヒシクイの飛び立ちが始まった。
Img_1039_sハクチョウと違ってそれほど助走を必要としないオオヒシクイは、あっと言う間に飛び立ち湖面を旋回したあと餌場に向かって次々と飛んでいく。Img_1026_s旋回の途中、何羽かが近くへ飛んできて頭上を通り過ぎる。
Img_1070_s真正面から見たオオヒシクイの飛翔。 思ったよりお腹デカイね。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
Img_1058_s
ひとしきりオオヒシクイが飛び立った後、三々五々、コハクチョウの飛び立ちが始まった。
コハクチョウはあの巨体で空を飛ぶためには長い助走が必要で、突然羽を広げると同時に、水かきのついた足で湖面を蹴って走って離陸する。その姿は足のついたそのもの。
Img_10422_s
Img_10432_s         ドタバタ水しぶき上げて走る姿を迷惑そうに見るオオヒシクイとマガモ

でも、飛び立った後の飛翔姿は優雅そのもの。

Img_1089_s こちらも真正面から見たコハクチョウの飛翔姿。
Img_1012_s こちらはちょっと優雅さに欠けるメタボハクチョウかな?( ̄○ ̄;)!

時間は8時半を過ぎ、ずいぶん陽も高くなったけれど、まだ沢山のグループがボチボチ・・・と言う感じで離水していく。

空はいつの間にか青空となり、飛び立ったあと、低い高度て頭上を通り過ぎていくコハクチョウ。
見上げる青空に真っ白な大きな鳥がゆっくりと羽ばたいていく。
うゎぁ~ なんて綺麗なんだ・・・ 思わず見とれてしまった。
今年最後の鳥見だったけど、雪国らしいハクチョウの飛翔姿が楽しめたので、これで十分良しとして今年の納めとした。

Img_1133_s

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みなさま 今年の「野遊び」はこれにておしまいです
つたない文章と写真にお付き合いいただくと共に 暖かいコメントの数々ほんとうにありがとうございました
大災害やらいろいろあってたいへんな年でしたが 新年はハクチョウのように優雅?Σ(;・∀・)に そして全力で羽ばたきたいと思いますので 来年もまたよろしくお願いいたします
それでは、みなさま良いお年をお迎えください  o(_ _)oペコッ

|

« 鳥見納め | トップページ | 迎春 »

Ⅳ鳥見雑感」カテゴリの記事

Ⅰ冬鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

オオヒシクイに比べコハクチョウの飛び立ちは
少しユーモラスですね( ´艸`)

今年もせおとさんの風景の写真や 野鳥の写真を
見させていただいて楽しませていただきました。
ホントにお世話になりましたm(__)m

どうぞ良いお年をお迎え下さい(o^-^o)

投稿: カコキ | 2011年12月30日 (金) 18時27分

せおとさん、こんばんは!

黄金色に輝く湖面、枯れた葦の間から朝日にキラキラときれいですネ
陽がさして来ても 雪が降っていたのですね。

水鳥たちの飛び方にも それぞれ特徴があるのですね、
優雅に飛ぶ白鳥が 飛ぶまではドタバタって 意外でしたが、そのギャップに 親しみが沸きます。
冬の福島潟 楽しませて頂いて有難うございました。

いろいろあった2011年でしたが、
せおとさんには いつも素敵な写真やお話で楽しませて頂きました。
有難うございました。
どうぞよいお年をお迎え下さい(*^-^)
来年も楽しみにしています

投稿: zucca | 2011年12月30日 (金) 20時53分

カコキさん こんばんは
ハクチョウも水に浮かんでいるか、空を飛んでいるときは優雅なんですけどね~。
がに股?でバタバタと水を蹴って離水する姿は何度見てもおかしな光景です。

今年もカコキさんにはいろいろとお世話になりありがとうございました。
来年こそいい年になるといいですね。(* ̄ー ̄*)

投稿: せおと | 2011年12月31日 (土) 00時54分

zuccaさん こんばんは
ハクチョウの離水には、長さ約50m以上の滑走路が必要みたいですよ。 飛ぶ前の鳴き交わしもけっこう騒々しいし、離水のバシャバシャとう音もかなりのもので大迫力。
でも、飛ぶ姿はやっぱり優雅ですね。

今年がこんな年だったから、さぁて、来年はきっといいことありますよ!
一年間ほんとうにありがとうございました。
良いお年を!

投稿: せおと | 2011年12月31日 (土) 01時02分

年が明けてしまいました。
年末、バタバタしていて、
コメント遅くなってしまいましたが、ごめんなさい。

また、また、白鳥たちのすばらしい飛翔姿、正面、真横、美しい~~♪
迫力あります!迫ってきそう!
こちらでも、時々白鳥の声が聞こえると、必ず空を見上げて探します。
V字で飛ぶ姿も美しいです~

ペリットというのも初めて知りました。
勉強になります。
今年も、わたしの知らないこと、たくさん教えてくださいませ。。
そして、感動のリポートと、写真と動画と、とても楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。

投稿: ibuhato | 2012年1月 2日 (月) 09時23分

ibuhatoさん あけましておめでとうございます
年末お忙しかったでしょうし、ぜんぜん気になさらずに!
夜が明け、湖面に憩う鳥たちが動きだして飛び立つ姿を見るのが好きです。
ちょっと寒いですが、それでも我慢して見る価値はあるかな?と思っています。
ここは、離水して直ぐに頭の上を低い高度で飛んでいくこともしばしばあるので、見上げた姿も感動ものです。

今年も変わらず野遊びばかりですが、自然の中で自分が感動したことを少しでもお伝えできればいいなと思いますので、どうかよろしくお願いします。( ̄▽ ̄)

投稿: せおと | 2012年1月 2日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥見納め | トップページ | 迎春 »