« 鳥花蝶山 | トップページ | カイツブリの抱卵 »

2011年8月13日 (土)

ひょっこりひょうたん島

ペルセウス座流星群が12~15日極大を迎えた。
天気予報は、薄雲がひるがるものの、一番イイ時間は4時頃だとか・・・

巷ではお盆休みの連休モードだけど、我が社はお盆休みなんて関係なく、今日だけのお休み。( ̄Д ̄;;
これは今日見に行くしかないでしょう!ってなことで3時起き。

街のあかりを避け、郊外の田んぼの真ん中へ。
車を止め、道路の真ん中にシート広げてゴロンと寝ころび夜空を見上げる。
・・・・ ☆・・・・どこ?・・・・・ ぼんやりと☆は見えるものの、どうやら薄雲かかっているようで、全体的に夜空がぼやけている。( ̄○ ̄;)!
昨年、ハートレー彗星の時もそうだった・・・ どうもこのところの天体ショーはうまくいかないな。
それでもなんとか3個、いや、わずか3個の流星を見た後、薄雲がとれてきて☆が見やすくなったのに、時を同じくして一気に東の空が白々とし始め、これにて天体ショーは終了。 ゚゚(´O`)°゚
いっぱいお願い事用意してたのにな・・・・ (´・ω・`)ショボーン

この場所から近いところに、何時もカワセミを見に行く池がある。
先日、ちょっとのぞいたときにカイツブリが巣を造っていたようなので、まだ暑くなるまでには時間があるからカイツブリの様子をこのまま見に行くことにした。
Img_81162_s

まだ明け切らない池の畔に到着。 そっと様子を見ると巣の上にカイツブリが居たようであるが、こちらを察知したようで巣から降りて水の中へ姿を消した。
しかたがないので今のうちにと少し離れた岸にブラインド張り、中に籠もって明るくなるのを待つ。
あたりはグングン明るくなり、これに合わせるように10分ほどした頃にカイツブリが巣に戻ってきた。
巣の近くであたりを慎重に伺い、ようやく巣に上がる。
例年、この池でカイツブリが繁殖しているのはわかってはいたが、何時も巣を対岸の遠い場所で造っていたので様子を伺うことはできなかったが、今年はどうしたことか近い場所で巣を造ったようだ。
水草や枝葉で造る浮島。水中部分は水上の5倍ほどもあると言うが、なかなかどうして器用に島を造るものだ。

Img_8671_sまだ巣作りの途中かな?と思ってみていたら、巣の真ん中でしゃがみ込んで抱卵している様子。卵産んだのか?と注意深く見ていたら、立ち上がった時にお腹の下に卵が見えた。

Img_8611_s_21,2,3,4個、見えただけで4個はある。
この後、嘴で卵を返す動作が見られ、抱卵中間違いなし。(v^ー゜)ヤッタネ!!
Img_8506_s_2カイツブリの抱卵期間は20~25日くらいらしいので、今月末か9月初めには雛が孵りそう。

森の夏鳥に一区切りをつけ、鳥枯れのこの時期、これからしばらくカワセミやヤマセミの水辺の留鳥達に相手してもらおうと思っていたけど、これはまた水辺を訪れる楽しみが増えたな。(* ̄ー ̄*)

鏡のような水面に一陣の風、小さなさざ波が巣の周りを包む。Img_8543_s         波を ちゃぷちゃぷ ちゃぷちゃぷ かきわけて
           雲を すいすいすいすい 追い抜いて
           ひょうたん島は どこへ行く ぼくらを乗せて どこへ行く~ 
 

懐かしいこんな歌が口をついて出てきそうだ。(*゚∀゚)=3 ムッハー!!
進め~ ひょっこりひょうたん島

|

« 鳥花蝶山 | トップページ | カイツブリの抱卵 »

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

コメント

ひょっこりひょうたん島 懐かしい!私もつい口ずさんでしまいました(^o^)丿
カイツブリ 雛は私も去年見ることが出来ました、可愛かったです。
これから楽しみですね♪

流れ星 悪条件の中にもかかわらず 3個も見られて良かったですね♪
こちらも薄い曇がかかって その上で全然ダメでした。
国立天文台のキャンペーンの結果報告には載せられたんですか?

投稿: zucca | 2011年8月13日 (土) 15時14分

カイツブリ抱卵中ですか! いいですね~。
カイツブリの親子ってまだ見たことないんですよね。
背中に乗せてるところがみてみたいものです。

コマドリの出会いも良いですね!
わずかでも、目的の鳥が出てきてくれるとうれしいですよね♪

草花の写真も綺麗で癒されますー

投稿: ヤマカシ | 2011年8月13日 (土) 18時41分

zuccaさん こんばんは
カイツブリ、昨年は8月には雛が泳いでいたような気がするのですが、今年はちょっと遅いようです。

そちらも流れ星ダメでしたか。ちょっと期待したんですが残念ですね。
国立天文台のキャンペーンですか?HPを何時もチェックしているので知ってはいますが・・・。
時間や、方位など細かいこと記録してないし、3個だけじゃ、ちょっとめんどくさいな。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: せおと | 2011年8月13日 (土) 21時48分

ヤマカシさん こんばんは
カイツブリの雛は、うり坊とおんなじ姿。
背中に乗る微笑ましい光景も、もうすぐ見れると思いますよ。
鳥枯れのシーズンにイイ相手ができましたが、ひとまず無事に雛が孵るまで、無用な刺激しないよう気をつけたいと思います。

投稿: せおと | 2011年8月13日 (土) 21時55分

私も昨夜 夜空を眺めましたが 月が明るくて・・・
こりゃダメだと、さっさとあきらめてしまいました。

カイツブリの巣って 面白いですね。
水が入ってきたりしないのかしら・・・??
抱卵期間も長いんですね。
雛が生まれたら可愛いだろうなぁ・・・(o^-^o)

投稿: カコキ | 2011年8月14日 (日) 00時27分

カコキさん おはようございます
やっぱり流星ダメでしたか。 今の時期、ほぼ満月なので、西に月が沈む直前であれば北東方向はそれほど月の影響は受けないかな?と思って早朝にしたのに、月じゃなくて雲に阻まれちゃいました。( ̄◆ ̄;)

カイツブリの浮島、かなりシッカリ造られているようですが、それでも水の上、ここで卵を温められるのかな?って思ってしまいますよね。(^-^;
今回、動画も撮りましたが、これを見ると親鳥が時々卵を嘴で返しながら、包み込むようにしゃがみ込む様子が見れました。その仕草が面白いので、後日動画もupしますね。

投稿: せおと | 2011年8月14日 (日) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥花蝶山 | トップページ | カイツブリの抱卵 »