« 雪山に生きる野鳥~アトリ科 | トップページ | 雪山に生きる野鳥~その他 »

2011年3月14日 (月)

春ちかし

あの悲惨な地震発生以来、仕事がてんてこ舞いだったけど、どうにか今日は休めたから自然の中でボ~ッとしたくて出かけてきた。

里山はほとんど雪が消え、一番早く咲く花、マンサクが薄黄色の花をつけている。

Img_3952_s

4月中旬頃にスミレやショウジョウバカマの咲く地表は、苔の緑が濃くなってはいるが、さすがに植物の芽生えはもう少しばかり待たなきゃいけないみたいだ。

頭の上をエナガの小さな群れが移動していく。
真冬のカラ混群はすでに解散したみたいで、3羽ほどの小さな群れ。 
ジュルジュルと鳴きながら木々を渡り歩く。 椅子に座りそんなエナガみていたら、ポチッと膝の上に落下物。 
(ノ∀`) アチャー 鳥のフンだ。 こりゃ「運」が着いたかな?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

里山を離れ、青空の広がった草原に移動。
いつものように草原にシート広げゴロンと横になって空を仰ぐ。
ヒバリが鳴いている。 今年初めて聴く春の音。

Img_40012_s
まだ、さえずりを始めたばかりと見え、縄張り争いの真っ最中。近くで数羽が競い合い、時折バトルも見える。
春本番の高~い所のさえずりと違い、わりと低い所までしか昇っていかない。
さえずりを終えると、羽をたたみ、落ちるように急降下して草むらに舞い降りる。
中には、7~8mほどしか上昇しないで、十数秒程度の短いさえずりで急降下を繰り替えず横着者もいる。

Img_5052_s
青空に昇るヒバリのさえずり。 のどかな春の光景だ。
こんなところにいると、一時でも悲惨な光景を忘れさせてくれる。
のんびりと、こんな光景眺めながら生きていることに感謝しなけりゃね。

海を仕事場とする者として海の怖さは十二分に判っていたつもりだが、想像をはるかに絶するあの光景・・・・
無念にも亡くなられた方のご冥福を心から祈ると共に、まだ、安否の判らない多数の方たちの無事を祈りたい。

|

« 雪山に生きる野鳥~アトリ科 | トップページ | 雪山に生きる野鳥~その他 »

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

Ⅱ林縁と草原の出逢い」カテゴリの記事

Ⅲ野の草花」カテゴリの記事

Ⅶ雑感」カテゴリの記事

コメント

あらま!お膝の上にポチッと・・・運がつきましたかヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
それは 宝くじを買わなきゃですね(*^^)v

青空とヒバリ良いですね。
被災者の皆さんが青い空を眺めてのんびりと
くつろげる日が一日でも早く来ますように
心から祈るばかりです。

投稿: カコキ | 2011年3月14日 (月) 19時34分

カコキさん こんばんは
実は・・・グリーンジャンボ買っているんですね~。( ̄ー ̄)ニヤリ
明日が抽選日。
万万万が一、1等当たったら!! 義援金かな?(*^.^*)

投稿: せおと | 2011年3月14日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪山に生きる野鳥~アトリ科 | トップページ | 雪山に生きる野鳥~その他 »