« 雪山のルリビタキ | トップページ | 雪多すぎ・・・ »

2011年1月15日 (土)

雪山のルリビタキ(続編)

さて、前回に続いて雪山で出会ったルリビタキのお話し

Img_19972_s_3
この子は、雪崩の跡のブロック雪を中心に、林道沿いの小さな渓流の藪と林道脇の木の枝を行ったり来たり。 1分ほどジッとしてはちょっと移動。
姿が見えなくなってもしばらくすると戻ってくるのに、しばらく見ていたら、今度は渓流に降りて行ったきり戻ってこない。
あれ?  そっと流れの脇の藪をのぞき込んで見るも、姿を見失った。

けっこう写真も撮れたし、眼でもじっくり見れたから今日はこれでいいかな?と思い、帰り道を歩き始めたら、10mほど下ったところの渓流沿いの枝に青い鳥。
な~んだ、まだこんなところに居たのか。(*^-^)

Img_20452_s_2
どんな餌を探しているのか判らないけれど、今度は渓流沿いの枝を少しずつ移動していく。

Img_20442_s
15mほど移動しただろうか、最後に小さな渓流の流れを密集して覆う藪のトンネルに入って姿を消した。

Img_20422_s
雪山でのルリビタキとの出会い。私が望んでいた姿が見れて感謝。

Img_8939_s
いつの間にか時間はお昼。つかの間の青空が広がり雪山が綺麗に見れる雪原に腰を下ろし、コンロでお湯を沸かして雪鳥見には欠かせないカップヌードルで昼食とする。

Img_8943_s
冷えた体には暖かいものが殊のほか美味しい。
これだから雪鳥見は止められないね。
美しい景色と美しい鳥に出会え、満ち足りた気分で足取りも軽く(^-^;、雪道なんのそので下山した。

|

« 雪山のルリビタキ | トップページ | 雪多すぎ・・・ »

Ⅰ漂鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こんなルリビタキが撮れたら、どんなに雪があっても、どんなに寒くても帰路は心温かく帰れそうですね。
ましてや、こんな時食べるコッヘルのヌードルは最高でしょうね。 これを見ていたら雪を溶かしたお湯で作ったヌードルが食べたくなりました。

明日はこちらでも雪になりそうです。(でも積もっても5cmくらいでしょう)。

投稿: T & T | 2011年1月15日 (土) 21時16分

こんばんは!
雪とルリビタキ いいですね~、何度も見せていただきました。
足取り軽く「雪道なんのその」 ですね♪
ラジウスも持って荷物が沢山 大変なんですね。
でも雪の中でカップヌードル 特に美味しそう
私はカレーヌードルも好きです・・・なんちゃって。
雪山の景色もきれい(・∀・)イイ!
明日も風が強くて大変そうですが お出かけには気をつけてください。

投稿: zucca | 2011年1月15日 (土) 21時31分

T&Tさん おはようございます
こんな雪の中、小鳥探して分け入るなんて、大バカ野郎のやることですね。(ノ∀`) アチャー
でも、そこまでしても見たいという欲望。自分の事ながら呆れます。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

5センチ程度の雪ならちょうどいいけど、多すぎる雪は困ったものです。

投稿: せおと | 2011年1月16日 (日) 10時38分

zuccaさん おはようございます
ちょっと車離れて歩くときは、何時も小さめのザックに色んな物詰め込んで出かけますが、しょせんお茶や昼飯ですからたいした荷物にはなりませんよ。
お気に入りの景色の中でお茶や食事したいし、今の季節の森は、愛すべき隣人「森の熊さん」が深~い眠りについているから「危険!熊出没中!!」の地域にも安心して一人で入れますね。( ̄ー ̄)ニヤリ
カレーヌードル いいっすね~(*゚▽゚)ノ 次回はカレーにするか!

投稿: せおと | 2011年1月16日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪山のルリビタキ | トップページ | 雪多すぎ・・・ »