« コルリのさえずり | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった!第2話 »

2010年12月27日 (月)

国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった!

クリスマス寒波で大荒れとなった昨日、ベニヒワ探しに裏磐梯に出かけるつもりだったが、会津方面の予想以上の大雪で裏磐梯は断念して群馬方面へ遠征。
新潟市内は雪がなかったものの中越地方中心の大雪で途中の関越道は積雪でガタガタノロノロ運転。
越後湯沢近くまで行くと、雪はパタリとおさまったけど、山も木々も真っ白に雪化粧して射し込む朝日にキラキラ輝き美しい。
ほどなく関越トンネル。
国境の長いトンネルと抜けると、そこは・・・・快晴だった!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
雪はまったく無く、朝日がキラキラと輝く明るい世界。
冬型の気圧配置時の典型的な光景だが、これほど違うものなのかとあらためて納得。
あとは、快調に高速飛ばしてお目当ての森へ。

朝9時森に到着。気温-3℃だけど、風がないから寒さはほとんど感じない。
すっかり葉を落とした森は遠くまで見通せ、小鳥たちが飛び交う姿が見える。
ルリビタキのようだな。ルリビタキなら遠くへは行かないだろうと、日溜まりのベンチでお弁当Time。
お腹もいっぱいにになったところで、いざ出陣。

先ほどのルリビタキ。まだ地上に降りたりして餌探しに忙しそう。

Img_12202_s_2

雌のルリビタキだと思ったけど、よく見ると肩羽や背中に青色がうっすらと見えるようだから、どうも若い雄のようだ。

Img_12402_s
しばしこのこと遊んで森の奥へ移動。
森では、シジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、エナガのカラ混群が飛び回り、フィーフィーとウソの姿も。

Img_1204_s

Img_1262_s

森の奥にある野鳥観察舎
誰もいない観察舎に入ってみると、小鳥が1羽バタバタとガラス窓を叩いている。
中に入り込んだけれど出られなくなったみたいだ。

Img_8875_s
はじめウグイスかな?と思ったけど、手でそっと抱いてあげると、脇腹がオレンジ色で尾羽がうっすらと青色したルリビタキの若。
今日は若ルリについているな。
ちょっと観察してから、窓を開けてそっと手のひらを開いたら元気に飛び立って近くの枝にとまった。
Img_1245_s
お礼のつもりか、ちょっとだけ写真撮らせてくれたあと森の奥へ飛び去った。
ん~ん、まさに野鳥観察舎! 室内でルリビタキを手に抱いて観察できるんだから凄いね!o(*^▽^*)o

次回に続く~ ( ̄ー ̄)ニヤリ

|

« コルリのさえずり | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった!第2話 »

Ⅰ留鳥」カテゴリの記事

Ⅱ遠征記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
「雪国」とは逆なのですね。そう言えば反対に進むとそうなりますよね。先入観でトンネルの先は「雪」と信じて疑いませんでした。
今回の大雪、例年の予想を超えたとかニュースで言っていましたが大変だったようですね。
野鳥たちバックのボケの中で引き立っていて、綺麗に撮れていますね。いつもながら感心します。
次回の写真も楽しみにしています。

投稿: T & T | 2010年12月27日 (月) 23時26分

こんばんは!
ニュースを見ながら そちらの雪は?と気になりました。
やはりトンネルの向こうとこちらでは 全然違うんですね。

森では 色々な冬鳥に会えて良かったですね(^o^)丿
ルリビタキもゴジュウカラもカッコいいなぁ。
エナガは 枝の虫でもさがしているのでしょうか。

観察小屋にいたルリビタキ 一晩ここで過ごしたのかしら?
せおとさんに きっとサンクス といって飛んでいったのね♪
野生のルリビタキを手に抱く機会なんて めったにないですよね。
ホント凄い!うらやましい(v^ー゜)ヤッタネ!!

投稿: zucca | 2010年12月27日 (月) 23時41分

T&Tさん こんばんは
そうなんです。雪国から見ればトンネルの向こうは「ハワイ」なんです。(*´v゚*)ゞ
冬に燦々と輝くお日様見れるとありがたく感じます。
自宅周辺は県内でも特に雪の少ない地域なので、現在積雪5cm。まったく問題のない量ですが、ちょっと山のほうに出かけると、ドッヵーン!と雪の量が増えます。
明後日からまた強い寒波が来るとか・・・あんまり積雪が増えるとさすがに鳥見に出かけられなくなるので、それが唯一の悩み・・です。┐(´-`)┌

投稿: せおと | 2010年12月28日 (火) 00時04分

zuccaさん こんばんは
今の時期、トンネルの両側では景色が一変しますね。
これがわずか10数分走った距離だとは思えないくらいです。
観察小屋のルリビタキには私も驚きました。
両手でそっと包んでやると、暴れることもなくジッとしたまま。眼は思ったより大きく、クチバシはスッと鋭く、足は針金のように細かったです。
ほんとにバンディングでもしない限りこんな機会はめったにありませんね。ラッキーでした。(v^ー゜)ヤッタネ!!

投稿: せおと | 2010年12月28日 (火) 00時14分

そちらの方は 連日雪だるまの周りに雪が斜めに
降っているマークが 天気予報でついていて
すごいことになっているなぁと思っています。

観察小屋なるものがあるのですね。
その中にルリビタキが・・・・。
夢のような話です(*^_^*)
うらやましぃ~

投稿: カコキ | 2010年12月29日 (水) 00時40分

カコキさん おはようさんです
そうなんです・・・普通のならまだしも、雪だるま自体が斜めになっているマークもありますからね( ̄○ ̄;)!
今のところ風はビュービュー吹いていますが、自宅周辺の積雪はほとんどありません。これからが心配ですが・・・(。>0<。)

森林公園や野鳥の森には所々観察小屋が設置されている所がありますが、そういう所って、たいがい鳥いないんですよね~・・・( ̄○ ̄;)! だから、今回も休憩のために入ったのですが、思いがけず手にとって「観察」できちゃいました。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: せおと | 2010年12月29日 (水) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コルリのさえずり | トップページ | 国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・快晴だった!第2話 »