« 涼をお届けします | トップページ | ルリビタキ幼鳥 »

2010年8月10日 (火)

コマドリを探しに高地へ

毎日暑い日が続いていますが、先日、コマドリを探しに行ってきました。

標高約1600m。 さすがに最高気温は24度止まりで、風も爽やかな高原です。
森はシラビソ、トウヒ、コメツガなどの針葉樹の森。
林床の倒木は苔が覆い、見た目にも肌で感じる空気も実に爽やかな森です。
針葉樹林特有の香り、私的は日本茶を煎るときのような香り、が大好きで、思わず深呼吸です。P8061184_s

駐車場から湖まで、よく整備された散策路をゆっくりと歩いていると、ルリビタキやメボソムシクイのさえずりがよく聞こえます。
途中1回、コマドリが直ぐ近くの斜面で美しい声を聴かせてくれたのですが、結局、姿は見えず残念・・・。

ゆっくり歩いたので1時間弱で到着。
湖畔の林の中でシートを広げ、持ってきたパンとコーヒーで優雅に朝食です。

P8061182_s
この湖も美しいですね。
湖面の奥にさざ波が見えます。このさざ波が徐々に広がりこちらに近づいてきます。
やがて、一陣の風が通りすぎ、湖面は元の鏡のような静けさをとりもどしました。
ここでは風が見えるんですね。 トトロのネコバスでも通って行ったのかな?

P8061181_s
湖畔の森ではコマドリのさえずりが涼やかに響き渡ります。
しばらく湖畔でコマドリを待ちましたが、残念ながら姿は見えず。
姿は見れなかったけど、大好きなさえずりを聞くことができたのでこれで良しとし、遠くで聞こえるコマドリのさえずりに送られて、もと来た道をゆっくりと降りました。

|

« 涼をお届けします | トップページ | ルリビタキ幼鳥 »

Ⅳ鳥見雑感」カテゴリの記事

Ⅲ自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼をお届けします | トップページ | ルリビタキ幼鳥 »