« アカショウビンに起こされて | トップページ | 梅雨の晴れ間の渓流釣り »

2010年7月 8日 (木)

青葉の中のアオバズク

前回確認したアカショビンですが、変わった鳴き方していたし、もしかして近くで営巣しているのかも?と思い様子を見に行ってきました。
ポイントにつくと、さっそく鳴き声が聞こえ、そっち近づくと前回と同じ木にとまっているのが見えたので遠くから1枚撮影し、やっぱりね・・・。なんて思っていたら飛び立ち、こちらに向かって飛んできます。
私の頭の上を飛び越え後ろのブナの木にとまったと思ったら、何とそこにはもう1羽います! 今、その木の下を通ってきたのですが、まったく気づきませんでした。
つがいのようですね。数秒だけ2羽が並んでとまっていましたが、すぐに別々の方向へ飛び去り写真はチャンス無しでした。
もう抱卵に入っているのかと思いましたが、つがいでいるところを見ると、まだなのかな・・・?

結局、10時頃の撤収までの間で、アカショウビンの姿を見たのはこの時だけ。時折、遠くで声は聞こえるのですが、今日は戻ってきてはくれませんでした。

アカショウビンは残念でしたが、今日は何時もと違った鳥が相手してくれました。
アカショウビンを待っているとき、けっこ大きめの茶色の鳥が枝にとまったので、んっ?と思って双眼鏡で確認すると、黄色の大きな目が特徴的なアオバズクでした。

Img_80862_s_2
アオバズクはフクロウの仲間で、夏鳥として渡ってくる鳥です。
比較的どこでも見れる一般的なフクロウ類ですが、この森では初め見ました。
丸坊主頭で、黄色い目が一際大きく、お世辞にも可愛い鳥・格好いい鳥ではありませんが、足の爪などを見ると、さすがにフクロウの仲間、鋭い爪を持っています。
ただ、枝にとまってジッとこちらを見ている姿は、森のトトロ のようにも見えますね。

Img_8094_s   
何時も正面顔ばかりですが、横顔はフクロウのように平面顔じゃなくて、嘴がけっこう出ていて目が異様に大きい「ヘンな顔」ですね。

Img_8016_s_2
アオバズク 名前のとおり青葉の中にいるのがやっぱり一番絵になるかな?

|

« アカショウビンに起こされて | トップページ | 梅雨の晴れ間の渓流釣り »

Ⅰ夏鳥」カテゴリの記事

コメント

アオバズクいるんですね~
実は実物に逢ったことが無いんです^^;

先週は仕事が遅く結局出撃なりませんでした。
しかし せおとの遭遇率はただならないですね!
一緒にいたって事はそろそろ?期待できるかな?

投稿: ぽちじゃん | 2010年7月13日 (火) 22時12分

ぽちじゃんさん
そうですね。今年はもう10回ほど出かけていますが、ほとんど毎回出逢えています。
こんな年も珍しいですね。
アカショウビンですが、この時の状況を見ると、餌運びが始まったと言う感じじゃなくて、もしかして、まだ、営巣に入っていないんじゃないかと思うような感じです。3連休は行けませんが週明けに様子を見に行ってきますので、その時に状況わかれば連絡します。

投稿: せおと | 2010年7月14日 (水) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカショウビンに起こされて | トップページ | 梅雨の晴れ間の渓流釣り »